« ネットにもサイレントマジョリティはある | Main | 衆院選予測記事をいくつか »

July 15, 2009

「政権交代」に代わるキャッチコピーを10ほど考えてみる

さるスジから、与党の某えらい人が、「『政権交代』に代わるキャッチコピーを7文字以内でつくるように指示」した、という話を聞いた。ふむ。なるほど。今回の選挙にかかわるキャッチコピーということだろうか。確かに与党としては「政権交代」では困るよなあ。よおし、ちょっと考えてみよう、というわけで例によってとりあえず10ほど。

しかし「7文字以内」というのは、何か制約条件があるんだろうか?人は7文字以上のキャッチコピーを覚えない、とか?あんまり聞かないなあ。新聞のテレビ欄のスペースを考慮?まあありえなくもないが、そういうもんかね。まあ条件つきなら守らねばなるまい。


「必ずや惜敗」

いやいやいかんいかん。すでに負けを認めてしまっているではないか。それに、これでは著作権法違・・あ、そうか本人だからいいのか。しかし日本語としてどうかと思うので却下。


「日本を選ぼう」

ううむ。なんかそれっぽくはあるが、これではいかにも選挙管理委員会風。与党にも野党にもあてはまってしまうぞ。これもいかん。もっとこう、がつんと応援するような・・。


「景気の天王山」

これならどうだ。与党は「政権交代すると景気後退になる」と言っているそうだから、この選挙こそ「景気の天王山」ということになるのではないか。しかし、なんかちょっと古臭いなあ。


「責任政党の気概」

これもややガチ。与党として政策に責任を持ってきた与党は、ただ言いっぱなしの野党とは気概からしてちがうのだ、と。どうかな?ちょっと堅苦しい感じもするのが気になる、かな。


「新生自民、始動」

過去にまずいところがあったなら素直に反省し、自ら身を正して未来へと向かう。生まれ変わった自民こそ、日本の将来を託すことのできる唯一の党だ。若々しい感じが出ていいんじゃない?どう?
・・ええと、生まれ変わったんだっけ?それに、もう1つの与党に触れてないじゃん。


「ガラガラドーン」

よくある、政権交代で「ガラガラポン」しよう、みたいな言説に一喝。それじゃ日本がだめになる、ドーンと落ちちゃうよ、という意味で「ガラガラドーン」。・・なんか、「三びきのやぎの」なんとか、みたいだなあ。


「アニメの国、日本」

昔が「神国日本」なら今は「アニメの国、日本」でどうか。・・だめか。ここでアニメを出してもなあ。だいたい読点を入れたら7文字を超えてるじゃん。


「任せて安心」

無責任な野党には政権担当能力などない。日本の舵取りを安心して任せられるのはやはり与党だ、と。・・・申し訳ないが、ちょっと苦しい。安心して任せられると皆が思ってるなら、今みたいにはなってないよなあ。


「人材の宝庫」

与党は人材の宝庫。4年間に4人も首相が出て、まだ候補がたくさん残ってる。この人材の厚みは、野党には期待できない。・・なんか、あんまりほめてないね。


「太郎におまかせ」

・・テレビ番組かよ。

頭が疲れてきたようなので、このへんにしとく。


以下は、上の10個を考える過程で出てきちゃった番外編。


「分権元年」

知事会の皆さん風。某知事さんは勇み足しちゃったみたいだけど、地方と中央の関係についても、これからいろいろなことがあるんだろうな。分権はいいけど公共事業もね、というのはいかがなものかと思うが如何。


「確かに野党」

共産党風。「確かな」でないところがミソ。与党になっちゃう心配がほとんどない、というか意図的に排除してるようにすらみえるこの党は、ある意味「最強」の立場。


「忘れないでね」

社民党風。この党の前身がかつて国会で第2党の位置にあったことなど、現在の姿しか知らない若い人には想像もつくまい。しかしこれでは演歌のタイトルのようではないか。


「政界再編」

誰とはいわんが、これをキャッチコピーにしたい方、けっこういらっしゃるんじゃないだろうか。


「日本の守護霊」

・・・何もいうまい。「前回」は「残念」だったようだが、「今度」は「神風」が吹くだろうか。



|

« ネットにもサイレントマジョリティはある | Main | 衆院選予測記事をいくつか »

Comments

思わず笑みがこぼれてしまい、コメントせずにはいられませんでした。
びっくりしたなもう

Posted by: t.fujihara | July 18, 2009 12:21 AM

t. fujiharaさん、コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: 山口 浩 | July 18, 2009 05:15 PM

上品な話題ではないが、史実として記録に残しておく。
民主党の細野豪志は山本モナと五反田のラブホテルで過ごした。
民主党の横峯良郎には半同棲状態の東京妻がいた。
民主党代表の鳩山由紀夫は選挙区の室蘭市にあるクラブママに愛人がいたことが発覚している。
残念ながら、9月中旬には下半身友愛首相が誕生する。
鳩山社会主義下半身政権は、ばら撒きと増税の後退政権であり、新たな政権交代が必要である。

Posted by: 鳩山下半身政権の誕生 | September 01, 2009 12:24 PM

鳩山下半身政権の誕生さん、コメントありがとうございます。
史実としていうなら、芸者さんとのスキャンダルで日本で史上4番目に任期が短かくなっちゃった首相の件とか、スパイとも噂される中国人女性とのあれこれがあったとされる首相の件とか、愛人に暴露本を出版されちゃって特殊なご趣味が明るみに出た元与党副総裁の件とかも取り上げたほうがバランスがとれますな。
いずれも「ばら撒きと増税」にはあまり関係ないように思います。ちなみに自民党のほうも「ばら撒きと増税」という点ではさして変わりないようにみえますね。
自民党を応援しておられたのでしょうか。くやしいのはわかりますが、いわゆる「天唾」系の言論はあまり生産的ではないように思います。

Posted by: 山口 浩 | September 01, 2009 12:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「政権交代」に代わるキャッチコピーを10ほど考えてみる:

» 自民党は人材の宝庫 [浦島雑誌]
先週の麻生首相の解散表明がそのとおり実行されるなら、明日で衆院は解散して、 総選挙へ。で、 苦戦が予想される自民党の支持層 (と思われる) からこんなキャッチコピーはいかがという提案。与党は人材の宝庫…... [Read More]

Tracked on July 20, 2009 04:30 PM

« ネットにもサイレントマジョリティはある | Main | 衆院選予測記事をいくつか »