« JIMAで予測市場の話をしたのでスライドを | Main | 行動経済学会の発表がめちゃめちゃ面白そうなんだが »

政治問題としてのUFO及び宇宙人に関するメモ

もうずいぶん前のことになるので、まごうことなき「なにをいまさら」な話なんだが、政治家が公式の場でいわゆる「UFO」や「宇宙人」について発言するのを面白く思ったので、いつかまとめておこうと思っていた。政権も変わっちゃったしもう消費期限切れかなとも思うんだが、考えてみればいまの首相は「宇宙人」だそうだし、首相夫人はUFOに載ったのかどうか知らないが金星に行ったこともあるそうだから、まあまだ意味はあるかな。というわけで、書きかけのままおいといたものをここで出してみる。当初「議事録つまみ食い」シリーズのつもりだったんだけど、なんだかいろいろ付け加わって長くなっちゃった。

きっかけになったのは、国会の議事録をぱらぱら見ていて見つけたこれ。平成17年03月10日、第162回通常国会の参議院総務委員会。後に総理大臣となる、当時総務大臣だった麻生太郎氏に対し、民主党の山根隆治議員が質問したくだり。今や民主党副幹事長様、かつ参議院では(おそらくは念願の)外交防衛委員会筆頭理事に就いているわけだが、当時は総務委員会だったのだな。この人が大真面目にUFO問題について質問してて、これに対し、今でもネット界隈で人気の高い「オレたちの太郎」が回答している。

○山根隆治君 雲をつかむような話のついでといってはなんですけれども、UFOの問題について少し聞いてみたいと思います。
 国会では今までUFOを取り上げられたことがないということのようでありますけれども、未確認の飛行物体ということでございますけれども、大臣はUFOを見たことございますか。
○国務大臣(麻生太郎君) おふくろは見たといってえらい興奮して帰ってきたのがありますけれども、残念ながら私自身は見たことはありません。

まずはこの切り返し、さすがである。世の中にUFOを見た人というのがどのくらいいるのかわからないが、そう多くないのではないかと思う。もしそうだとすると、現首相夫人も含め、政治家の家族はUFOに遭遇しやすいのかもしれないな。ちなみに、山根議員が冒頭で「雲をつかむような話」といっているのは、その前の話題がエシュロンだったから。この方には「同種」の話題らしい。ま、いずれも「ムー」が好みそうなテーマではある。

○山根隆治君 私もよく深夜散歩することが多いものですから、そのたびに空見て、深夜というのは、犬の散歩というのは私の日課でございますので、何があっても散歩しなくてはいけないと、犬を連れての散歩ですね。何かちょっと、事件がちょっとあったようですから、それとの絡みで思われては困りますが。空を見て、UFOを見てみたいものだなというふうにいつも思っているんです。一度も私、見たことがないんです。
 ただ、これ名古屋大学の福井先生の著書の中で引っ張ってきましたけれども、銀河系全体では二千億個の星があって、さらに宇宙全体では二千億個もの星から成る銀河が一千億個以上もある。もう天文学って、正にこれ天文学的な数字の星があるわけでございまして、私は個人的には、これだけの膨大な、頭の中で整理もできないぐらいの数の星がある中で、知的な生物がこの地球上に人間だけだというふうに思うことが私は不自然なように私自身は思っているんです。
 そういうことからすると、UFOが度々もう飛来、世界じゅうに飛来している、しょっちゅうそれはテレビで、先日も私、一週間ほど前テレビでまた見ましたけれども、これについて全く無関心でいるというわけにはいかない。それはやはり政治家として国民の生命、財産というものをどう守るかということもありますし、防衛上の問題もある。

なんつうか、「「知的な生物」が地球以外にもいるかもしれない」(「ドレーク方程式」的な意味で)が「UFOが度々もう飛来、世界じゅうに飛来している」(矢追純一的な意味で)に直結するというなんともおそるべき論理展開だが、ご当人ますます快調。国会という晴れの場でこういう質問ができて興奮しちゃってたのかもしれない。

 アメリカも、やはり一九四八年から相当期間、実際にやっぱり調査をアメリカの空軍でしてきたというのがこれ明らかになっている話です。その調査結果によると、相当の、何万という事例を検証していったけれども、全部否定し切れるものではない、相当数のものを認めざるを得ない、飛行物体があるということを否定し切れないという報告でした。最初のうちはそれがやはりもうUFOなんだということをかなり積極的にというか、肯定的にとらえて報告をしていましたけれども、後半の部分になってくると一気に否定的な報告になってきて、それ今はもうその組織は解散をいたしているわけでございます。
 私は、なぜこういう唐突なお話をさせていただくかということについては、今お話ししましたように、国家や人類のやっぱり防衛上の問題ということで無関心であってはいけないと。これを真摯にやっぱり受け止めて、情報の収集やそれこそ解析やということを国家としても、やはりアメリカもほかのヨーロッパの諸国も行われていると。今はそれを否定する報道が多いわけでありますけれども、事実上アメリカの空軍はそういうのを行ってきたということが明らかでありますけれども、日本は国家として、アメリカからそうした情報を得たり、あるいは意見を交換したりというふうなことがあるのかどうか、その辺についてお尋ねをしておきます。

質問のかたちで自説をとうとうと述べる人がよくいるが、まあその類かもしれない。防衛とかいってるが、絶対口実だね。だいたいなんでこの問題を総務委員会で持ち出すんかいというあたりも含め、なんでもいいからこの話をしたかったってことなんじゃないかな。ある意味困ったちゃんなわけだが、これに対する「オレたちの太郎」の答弁がこれ。

○国務大臣(麻生太郎君) これは防衛庁じゃないかと思いますが、今、山根先生お話のありましたのは、たしか一番よく言われたのは、人工衛星が、アメリカの人工衛星が昭和四十何年に上がりましたときに、あの衛星の後ろにUFOが三台付いて一緒に回っていたというのが結構あの当時話題になった。私のUFOに関するアメリカの新聞の記事でいくとそれが一番最初の印象なんですけれども、これは結構真剣に考えているんだなと、今からかれこれ四十年前の話で恐縮ですけれども、そう思った記憶がありますけれども。
 それにいたしましても、おっしゃるように百五十億光年前、百五十億光年かなたに最初の宇宙ができてと言われているんですが、膨大な数の星の中に地球にしかこういった我々みたいなのがおらないということはちょっと幾ら何でも想像力がなさ過ぎるんで、似たようなのが一杯いたっておかしくはないだろうなと私自身もそれはそう思っております。そこが更に進んだ技術を持っていて、何となく時々、この地球にいるのが今後どういう具合なことになっておれたちに危害を与える可能性について向こうがこっちを調査している可能性も、それは否定できないんだと思いますね。
 私は、この種の話は多分いろいろ、サイエンスフィクションの世界に限らず、いろいろ考えられるところだとは思いますけれども、今総務省としてこの種のことに関してしかるべき手を打っておるかと言われれば、私どもとして特にUFOに関して調べているということではないのが率直なところです。
 これは国防上というのであれば、多分これは防衛庁ということになるんだと思いますけれども、防衛庁で、その種のUFOに関するほど想像力の高いのが防衛庁にいるなんというのは余り聞いたことありませんし、ちょっと守屋の顔からもなかなか想像できないなと思わないでもありませんけれども、いずれにいたしましても、こういった話というのは常にいろんな意味で、ある日突然に来る可能性というのは常に考えておくべき問題だとは存じます。

まずは所管ちがいを指摘しながらも、「常にいろんな意味で、ある日突然に来る可能性というのは常に考えておくべき問題」と、一応乗ってあげてる。とはいえ、実際には「私どもとして特にUFOに関して調べているということではない」とばっさり斬って捨てている。

で、ばっさり斬られちゃった山根議員、どう反応するかと思ったら、

○山根隆治君 率直にやっぱり思い切ったことを言っていただいたかなというふうに思います。
 防衛庁にも聞きたいというふうに思いはあるんですけれども、やはり国防上のいろいろな問題がありますので、聞いて答えがイエスであってもノーであっても保留であっても一つの答えとして出てくるので、この辺は私、あえて防衛庁の方にはこの質問は避けておきたいというふうに思います。

とにかく閣僚にまともに相手にしてもらえただけで満足、ということだろうか。ごくろうさまなことではある。しかしなんでまたこんな質問を、と思ってもうちょっと調べてみたら、この山根議員、懲りずに2007年にも同テーマの質問を、今度は質問主意書で出してた。

「UFO存在確認ない」「宇宙人対応検討せず」政府が民主議員に答弁書
 UFO(未確認飛行物体)存在しません?! 政府は18日、「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体の「存在を確認していない」とする答弁書を閣議決定した。政府がUFOの存在を正式に否定したのは初めて。

やはり麻生大臣(当時)の答弁では満足できなかったらしい。しかし政府が正式に否定、というのはずいぶん踏み込んだ発言ではないか、と思って原文を見てみる。第168回国会(臨時会)で参議院に出された質問主意書と答弁書。こんな感じ。

質問主意書
質問第八四号
未確認飛行物体に関する質問主意書
右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。
平成十九年十二月十日
山根隆治
参議院議長 江田五月 殿

未確認飛行物体に関する質問主意書
 近年、我が国のみならず、各国において地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体(通称UFO。以下「UFO」という。)を目撃したという情報が後を絶たないが、我が国の安全上の観点、国民的な不安と関心からもこれに対する情報収集と確認作業は喫緊の課題であると考える。
 そこで、以下質問する。
一 政府としてUFOについてどのような認識を持っているのか明らかにされたい。
二 政府及び関連機関等でこれまでUFOに対しどのような情報収集や研究、対応を行ってきたのか明らかにされたい。行っていないとした場合、それはどのような理由からか明らかにされたい。
三 UFOが我が国に飛来した場合に想定される対応について、政府の見解を示されたい。
四 航空自衛隊がUFOを探知してスクランブル(緊急発進)をしたことがあるのか明らかにされたい。
五 アメリカを始めとする友好国等との間で、UFOについての情報の交換をこれまで行ってきたのか明らかにされたい。
六 国民や民間団体から寄せられた情報の整理、分析、確認作業は、国のどの機関で行うのか明らかにされたい。
  右質問する。

で、答弁書がこれ。

答弁書
答弁書第八四号
内閣参質一六八第八四号
平成十九年十二月十八日
内閣総理大臣 福田康夫
参議院議長 江田五月 殿
参議院議員山根隆治君提出未確認飛行物体に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。
参議院議員山根隆治君提出未確認飛行物体に関する質問に対する答弁書
一について
 政府としては、御指摘の「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体」の存在を確認していない。
二、三及び五について
 一についてで述べたとおり、政府としては、御指摘の「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体」の存在を確認していないため、「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体」に関して特段の情報収集、外国との情報交換、研究等を行っておらず、また、「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体」が我が国に飛来した場合の対応についても特段の検討を行っていない。
四について
 航空自衛隊では、我が国の領域の上空に侵入するおそれのある正体不明の航跡を探知した場合には、必要に応じて、戦闘機を緊急発進させ、目視による確認をすることとしており、鳥等の航空機以外の物体を発見することはあるものの、御指摘の「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体」を発見した事例については承知していない。
六について
 お尋ねについては、情報の内容に応じ、所掌事務に照らして適切と考えられる関係機関において、必要な情報の整理、分析、確認作業等を行うこととなる。

なあんだ「存在を確認していない」だけじゃないか。別に「存在」を否定したのではないのだな。まあ冷静に考えると、本来「UFO」は「未確認飛行物体」、地球外から来ている保証などひとつもないわけで、「地球外」と限定されるとさぞかし答えにくかろう(しかも文書で)と思うのだが、それはともかくとしても、なんつうかこう、しかたないっていえばしかたないんだけど、面白みがないねこれ。つまんない。この当時は福田内閣。首相氏のあの仏頂面が目に浮かぶようだ。別にその方が自分で答えたわけじゃないけど。

となると、やはり「本命」は「あのお方」か。一躍ネットをかけめぐった記者会見のニュース。答えてるのは、これまた「そっち系」の人の間で人気の高い、当時防衛大臣在任中の石破茂氏。どうも上記の質問主意書に対する回答が出てすぐ後くらいだから、当時話題になってたんだろうな。2007年12月20日のこの記事が伝える記者会見における石破氏の発言、UFOについて「存在しないと断定し得ない以上、いるかもしれない」というあたりは上記の麻生氏と共通だが、この後のくだりがすごい。

「ゴジラの映画があるが、ゴジラでもモスラでも何でもいいのだが、あのときに自衛隊が出ますよね。一体、何なんだこの法的根拠はという議論があまりされない。映画でも防衛相が何かを決定するとか、首相が何かを決定するとかのシーンはないわけだ。ただ、ゴジラがやってきたということになればこれは普通は災害派遣なのでしょうね。命令による災害派遣か要請による災害派遣かは別にしてですよ、これは災害派遣でしょう。これは天変地異の類ですから。

 モスラでもだいたい同様であろうかなと思いますが、UFO襲来という話になるとこれは災害派遣なのかねということになるのだろう。領空侵犯なのかというと、あれが外国の航空機かということになる。外国というカテゴリーにはまず入らないでしょうね。航空機というからには翼があって揚力によって飛ぶのが航空機ですから、UFOが何によって飛んでいるのか、色んな議論があるのでしょうけど、それをそのまま領空侵犯で読めるかというとなかなか厳しいかもしれない。そうなってくると、これは飛翔体なのかねということになるとするとどうなのか。例えば隕石(いんせき)が降ってきたことと同じに考えられるか。

隕石は自然現象だから何の意思もなく降ってくるわけですが、UFOの場合は意思なく降ってくるわけではない。これをどのように法的に評価するのかということもある。そうすると災害派遣が使えるのか、領空侵犯でもなさそうだ。そうすると防衛出動かねということになるが、それをわが国に対する急迫不正な武力攻撃と考えるかというとそうはならないだろう。UFOが襲来して、色々な攻撃を仕掛けるということになれば、そういう評価も成り立つのだと思うが、『地球の皆さん、仲良くしよう』と言って降ってきたときに、それはわが国に対する急迫不正な武力攻撃でも何でもない。

 また、何らかの意思が伝達されたときに何を言っているかよく分からないという場合に一体、どのようにわが方の意思を伝達するのだということもある。

すごいね、これ。
私たち素人は、いわゆる「特撮もの」に出てくる「怪獣」と「宇宙人」をついごっちゃにしてしまいがちだが、さすが「オレたちの茂」はちがう。「議論があまりされない」と問題意識をあらわにしている。防衛省内で侃侃諤諤の議論をしろ、というわけだが、ご自分はもちろん深く考えていらっしゃる。ゴジラやモスラは天変地異だから自衛隊の出動は災害派遣だが、これが宇宙人となるとそうではない、なぜなら相手は知的生命体だから、というわけだ。侵略の意図が不明確であれば防衛出動も難しいし、意思を確認する手段はどうするというところまで考えていらっしゃる。

適当に言ってる、なんて思っちゃいけない。宇宙人への対応に関する問題には、実は先駆的研究がある。知ってる人は知ってるであろう「ウルトラマン研究序説」(1991)だ。本書においてこの問題にふれている著者は2人(萩原能久氏(慶應義塾大学法学部専任講師。現在は同教授)と若松良樹氏(東和大学専任講師。現在は成城大学法学部教授))いるが、いずれも「地球人より高度な知性を備えた宇宙人に対して地球人は人権を主張しうるか」という問いから、宇宙人に対してはまず対話をもって接すべきであるとの主張を導いている。ちなみに萩原氏はこの問いを、ロバート・ノージックを援用して「カント主義と功利主義のダブルスタンダード」と呼んでいるが、個人的には若松氏の「バルタン星人のジレンマ」という表現のほうが好みではある。

上記の石破大臣(当時)の見解は、基本的にはこれと整合的なものといえよう。ちなみに怪獣に関する石破氏の見解は、怪獣の権利能力を限定つきながら認めるというやや「過激」な若松説よりは、希少生物として保護すべきとする萩原説にやや近いと考えられるが、本題からそれるのでこれ以上はふれない。

ともあれさすが「オレたちの茂」である。麻生氏がやや「大人の対応」をしていたのに比べると、ずいぶんアツいではないか。どちらも世間的に「ヲタ属性」ありの人と評されているわけだが、軍事ヲタとマンガヲタでは中身は少しちがう、ということなんだろうか。

鳩山首相も、負けてはおれまい。ぜひ「宇宙人」の立場から、UFO問題について語る機会を持つべきであろう。あ、そのためには誰かが質問してくれなきゃいかんのか。自民党サイドにはあんまり期待できなさそうだなあ。他の党にもいなさそうだし。また山根議員にお願いして・・いやいや同じ党で意気投合とかされても困る。まかりまちがって参院選マニフェストとかに入っちゃったらたいへんだ。

ま、なんだな、日本の防衛省もこのくらいのしゃれっ気を出してみたらどうかってことだね。今年版の動画が見当たらなかったのでちょっと前のものを。

あ、もちろん、政治とUFOということでは、この人たちのことを忘れちゃいないからね。


|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7022/46934367

Listed below are links to weblogs that reference 政治問題としてのUFO及び宇宙人に関するメモ:

Comments

Post a comment