« 首相の発信は公の色を帯びるから本心は語れない、という話 | Main | マクドナルドの新バーガーを4つ一気食いした話 »

January 08, 2010

参院選予測週刊文春20100114

週刊文春2010年1月14日号に「鳩山民主「ニッポン制圧」」という記事が出ていたのでメモ。政治広報センター社長の宮川隆義氏による予測。

「衆院比例区の政党別絶対得票率、世論支持率動向などをパラメータ(変数)とした一〇年参院選のシミュレーションを行った」とある。「立候補者一覧表」というのもついていて、括弧書きで、「(一覧表は、政治広報センターの独自取材により立候補の可能性がある人物を掲載。同じ党内で調整がついていない場合は、名前があがっている人物を複数掲載)」とある。そういう前提の予測らしい。民主党の比例区新人候補には岡崎由紀、前田日明、清水信次(ライフの会長だよねこの人。1926年4月18日生まれで83歳。6年勤めれば90歳)なんて名前が出てる。

3党連立については、「民主が今回参院選で単独過半数を獲れば、社民・国民新党との連立を解消する、という見方もあるが、そうはいかない」と。「もともと沖縄に地盤がない民主にとって、普天間問題の解決には、社民・国民新との連携が不可欠」との見方。

自民の大物落選組については、「若手を中心に、比例代表の「七十歳定年制」を順守せよ、との声が上がっている。しかし、執行部のガバナンス能力が欠落している今の状況では、なし崩し的に押し切られるだろう」と。

では見出し通り民主圧勝の流れは変わらないのかというと、留保条件があって、記事の最後にさらっと「鳩山不況が現実のものとなれば、参院選挙予測は大逆転する」とある。そこまで「手広くカバー」されてははずれようがないではないか、というつっこみもあるのだが。

|

« 首相の発信は公の色を帯びるから本心は語れない、という話 | Main | マクドナルドの新バーガーを4つ一気食いした話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 参院選予測週刊文春20100114:

« 首相の発信は公の色を帯びるから本心は語れない、という話 | Main | マクドナルドの新バーガーを4つ一気食いした話 »