« マクドナルドの新世代店舗なるものができたというのでiPhone持って行ってみたという話 | Main | 衆院選予測週刊現代20100508 »

April 28, 2010

参院選予測週刊ポスト20100507

週刊ポスト2010年5月7・14日に「7月参院選「47選挙区」&比例区これが「当落予測完全版」だ!」という記事が出ていたのでメモ。政治評論家の有馬晴海氏による予測。

新党がいくつか(えーといくつあったっけ)立ち上がったようだし、選挙予測もいろいろ難しくなってきてるのではないかと思うが、まあそうなればはずれた際の言い訳もしやすいわけで、楽といえば楽なのかもしれない。

ともあれ予測。かろうじて民主が単独過半数、ということらしい。

「各党の議席数は4月22日時点。江田五月・参院議長、山東昭子・副議長はそれぞれ民主、自民の議席としてカウントした。長野選挙区の1議席が欠員」との注がついている。

この予測の前提となっている情勢はこう。まず、最近指摘される逆風下でも「民主党は鳩山首相-小沢一郎幹事長体制で選挙に突入する可能性が強い」と。理由は自民の支持率低迷と各種業界団体や公明支持層の票の動向、と。いわゆる第3極の諸党も死票の増加を招き結果的に民主を利する方向、と。ただこれら諸党が統一候補戦略をとったら状況は変わるかも、と。

|

« マクドナルドの新世代店舗なるものができたというのでiPhone持って行ってみたという話 | Main | 衆院選予測週刊現代20100508 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 参院選予測週刊ポスト20100507:

« マクドナルドの新世代店舗なるものができたというのでiPhone持って行ってみたという話 | Main | 衆院選予測週刊現代20100508 »