« 書評:『著作権の世紀―変わる「情報の独占制度」』 | Main | 参院選予測夕刊フジ20090618 »

June 18, 2010

参院選予測週刊朝日20090625

週刊朝日2010年6月25日号に「緊急議席予測 与党衆参過半数で菅政権安定へ」という記事が出ていたのでメモ。政治評論家の森田実氏と政治ジャーナリストの野上忠興氏による予測。

この前の週の号で予測を出したばかりなのだが、また出してて、少し予測も変わってる。なんでかと思ったら、どうも衆参ダブル選挙を前提とした予測、ということらしい。参院選は7月11日投票と決まったわけだが、それに合わせて衆院選もやろうという話が浮上している、と「本誌取材班」の記事が伝えている。記事では、菅首相の「度胸」次第、と煽っていて、まあ「火事場」をありがたがる人々だからそういうことになるんだろう。

で、予測はどうなるかというと、まずは森田氏。

民主は比例区+2の36議席、自民は逆に比例区-2の51議席。与党過半数割れ状況は変わらず、と。

続いて野上氏。

民主は選挙区+1、比例区+3の58議席、自民は比例区-1の38議席。与党過半数確保は変わらず、民主の増えた分は社民、共産、みんなの各党から、と。

あんまり変わっちゃいないといえば変わっちゃいないが、やや民主有利に振れてるのだろうか。


で、衆院選の方はというと、こう。

民主は307から266へ、与党計で314から270へ。過半数はあるが2/3は割れる、との予測。

とりあえずメモ、ということで。

|

« 書評:『著作権の世紀―変わる「情報の独占制度」』 | Main | 参院選予測夕刊フジ20090618 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 参院選予測週刊朝日20090625:

« 書評:『著作権の世紀―変わる「情報の独占制度」』 | Main | 参院選予測夕刊フジ20090618 »