« 「課題大喜利」っていうのに出てみた | Main | ラリー・キングが引退するらしい »

June 27, 2010

参院選予測いろいろ

選挙が近づいて、参院選予測があちこちに出ているのでメモ。

朝日新聞2010年6月26日はこう。「24、25の両日、コンピューターで無作為に作成した番号に調査員が電話をかける「朝日RDD」方式で、全国47選挙区と比例区の情勢を調査した。有効回答の目標数は、各選挙区の状況を勘案して分け、改選数1の選挙区800~千人、改選数2の選挙区千~1200人、改選数3と5の選挙区は1500人。作成した番号サンプルのうち、世帯用と判明した番号は全国で7万4706件、有効回答は4万6980人。回答率は63%」と。

①民主は選挙区で伸び悩み、50議席台前半程度で、非改選62議席を合わせて単独過半数(122議席)はきわめて微妙②自民は1人区では民主と互角の戦いをしており、40議席台をうかがう③みんなの党は選挙区、比例区合わせて10議席ものぞめる状況

民主は「連立を組む国民新党とあわせても過半数を割る可能性もある」、みんなの党は「選挙区で4議席前後、比例区でも5議席前後を固め、さらに上積みをはかろうとしている」、公明は「改選11儀瀬kいの確保は難しい情勢」、共産は「改選議席4を確保できるかどうか」、社民は「比例区の1議席にとどまることもありえる情勢」、新党改革、たちあがれ日本と国民新は「それぞれ比例区で1議席得る可能性」、と。


ほかの新聞は数をはっきり書いてないので図や文章で。

読売新聞2010年6月26日。6月24、25日の2日間、全国の有権者を対象に電話で実施。有権者がいる世帯5万1381件のうち、3万440人から回答を得た(回答率59%)、と。

Yomiuri201006

民主党は比例選で強さを見せるものの、選挙区選で苦戦を強いられ、獲得議席は50程度にとどまる可能性がある。連立を組む国民新党も厳しい戦いをしており、与党の過半数(122議席)維持は微妙な情勢だ。自民党は参院選のカギを握る1人区で優位にたつなど、前回参院選の議席を大きく上回り、50議席に迫る勢い。


日経新聞2010年6月26日。日経リサーチが24、25日の2日間、乱数番号(RDD)方式で電話で実施した。全国の有権者5万1381人を対象に、3万440人から有効回答を得た。回答率は59.2%」と。

Nikkei201006

民主党は菅直人首相が勝敗ラインとする改選54議席を上回る勢い。自民党は1人区の多くで民主と競り合っており、改選38議席を超えて40議席台に届きそうだ。

民主について「50議席台後半に達する勢い」、公明党は「改選11議席を下回る可能性」、共産、社民、国民新は「現有勢力の維持が難しい状況」と。

それはそれとして・・・あれ?読売新聞のやつとこれ、対象者と有効回答数が同じだぞ?調査日も同じ。かつ、読売の記事にはどこが調査したか書いてない。これは、コスト削減を狙って共同実施した、のかな・・・?でもその割には、予測結果がずいぶんちがう。分析はそれぞれ独自にやったということだろうか。よくわからないが、まあそういうことにしておこう。「あらたにす」組で共同、というわけでもないな朝日は別にやってるし。とはいえそのからみはあるんだろう。前からやってたんだろうか。

それから、共同通信。

参院選、与野党が過半数競る 民主50台、自民45前後か」(47news)
 共同通信社は7月11日投開票の第22回参院選に関し24~26日の3日間、全国の有権者約3万人を対象に電話世論調査を行い、取材も加味し選挙戦序盤情勢を探った。民主党は50議席台に乗せるが、国民新党を加えた与党では非改選66議席(与党系無所属1人を含む)と合わせ過半数122に必要な56議席の獲得は微妙。自民党は45議席前後をうかがい、勝敗の鍵を握る改選数1の選挙区を中心に与野党が過半数をめぐり競り合っている。公明、共産、社民3党は伸び悩み改選議席維持に苦戦。第三極のみんなの党は改選議席ゼロから7議席前後に躍進の勢いだ。


あと、日刊ゲンダイ2010年6月25日。専門家に聞いてる。

政治評論家の浅川博忠氏は「民主47、自民43、みんな15、公明9、共産4、社民2、国民新党1」「たちあがれ日本以下」は「議席獲得が困難」と。
政治ジャーナリスト鈴木哲夫氏は、1人区が13、複数区で23、比例区で13の合計で「民主党は49。これに対して自民党は選挙区が31、比例区10で計41議席」、「公明9、共産2、国民新党1」、「新党改革2、たちあがれ日本1」、みんなの党は「選挙区4、比例区8の計12議席は十分可能性があります」と。
政治ジャーナリストの野上忠興氏は選挙区35、比例区18で「民主53」、「みんなの党は頭打ち。比例で6~7議席でしょう。公明は選挙区2、比例7の9議席。共産3、社民2。国民新党、たちあがれ日本、新党改革がそれぞれ1ずつ。残る43~44議席が自民党となります」と。

これらをふまえて、編集部としては「民主51、自民44、みんな9、公明8、共産4、社民2、国民新党1、たちあがれ1、新党改革1、を「現時点での予想」としている。

日経だけ与党過半数を予測してて、それ以外は、民主党の単独過半数も、国民新党と合わせての過半数も難しい状況、と予測していることになる。

どの調査も、「ただし、投票態度を明らかにしていない有権者」がかなりいる等の理由を挙げて「情勢は終盤にかけて変化する可能性がある」みたいなディスクレーマーをつけてるので、ここでもそう書いとく。

|

« 「課題大喜利」っていうのに出てみた | Main | ラリー・キングが引退するらしい »

Comments

紙の新聞では、読売と日経は共同調査で、行ったのは日経リサーチと明記しておりました。

Posted by: hansei | June 27, 2010 04:15 PM

hanseiさん、コメントありがとうございます。
出てましたか。一応紙の新聞で見たんですけど、見つけられませんでした。ならば当然ですね。この動き自体は、あの提携の流れと考えていいのでしょうか?

Posted by: 山口 浩 | June 28, 2010 09:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 参院選予測いろいろ:

« 「課題大喜利」っていうのに出てみた | Main | ラリー・キングが引退するらしい »