« 「優秀な人材」と「優秀な企業」 | Main | 残す責任:電子書籍と図書館に関する一読者からのささやかで壮大なお願い(シノドス・ジャーナル) »

December 16, 2010

GLOCOMで往復書簡というのをやっている

国際大学GLOCOMで、今、「設計未来:ポスト情報化社会を展望する」と題した往復書簡シリーズが始まっている。電波オークション集合知、オープン・ガバメントという3つのテーマで、それぞれ2人ずつがオープンレターをやりとりするという企画。その中の1つ、集合知についてのものを、私とGLOCOM研究員の渡辺智暁さんとで担当することになっていて、私が書いた第1回が公開されたところ。これは問題提起。よろしければ。以上、勝手に告知。

|

« 「優秀な人材」と「優秀な企業」 | Main | 残す責任:電子書籍と図書館に関する一読者からのささやかで壮大なお願い(シノドス・ジャーナル) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference GLOCOMで往復書簡というのをやっている:

« 「優秀な人材」と「優秀な企業」 | Main | 残す責任:電子書籍と図書館に関する一読者からのささやかで壮大なお願い(シノドス・ジャーナル) »