« そういえば今日ニコ生に出るのだった | Main | ガラパゴスの人たちが「ガラパゴス携帯」に怒ってるらしい »

スポーツとして、伝統芸能として

大相撲の八百長問題についてはいろいろな人がもういろいろなところで書いているのでみんな食傷気味なのではないかと思うのだが、これまで別のところで少しずつ出したりしてたので一応ちょっとだけ殴り書き。しょせんこの分野には素人なので、あくまで素人意見ということでひとつ。

ゼミブログ「こち駒」に書いたのはこちら。例によって4コママンガつき。マンガの方の、全日本相撲協会と新日本相撲協会に分裂というのはもちろん冗談だが、競技団体を分けることで競争を促進する、という発想自体は必ずしもはずれてないのではないかと思ったりする。そもそも八百長をめぐる議論だって、もともと行われてるっていう噂はずっとあったわけだし、勝ち越しがかかった力士が勝ちやすいというのはレビットの論文を待つまでもなく「常識」としてファンは知っていたはずだから、暗黙裡に「そういうものだ」と受け止めている人は相当数いたのだと思う。八百長自体は違法ではないわけだし、ファンがそれでいいならいいという考え方はある。一方それじゃ満足できないファンもいるだろうから、ここは「王道相撲」と「ストロング相撲」にきっぱり分かれてそれぞれがんばればいいじゃん、というわけだ。

もちろんこれは、公益法人という要素を捨象してのもの。八百長を不可分に組み込んでいる競技に公益性が認められるのかというと、かなりつらいだろう。だったら一般財団法人なんてケチなこといわずにすっぱり株式会社になればいい。全日本プロレスも新日本プロレスも株式会社だ。年寄株を文字通り株式にしてしまえばいいのではないか。部屋制度との整合性を考えるなら、各部屋を株式会社にして、相撲協会はその業界団体と位置づける手もある。日本野球機構は社団法人で、制度改革によって一般社団法人になるらしいから、それと似た方式だ。

もう1つの手は、これはスポーツではなく伝統芸能だという位置づけをすることかもしれない。あれは力と技を競っているのではなく、美しい「型」を見せているのだ、と。一種の「踊り」と思えば、むしろ流れや結末が決まっているのは当然ということになろう。初切ってものもあることだし。上のリンク先の4コママンガで、事前にファン投票で勝敗を決める(いってみればソーシャル大相撲、だな)というのは当然冗談だが、「踊り」ならどういうものを見たいかファンに聞く姿勢だって不思議じゃないわけで。

八百長を前提にしない考え方はないか、というと、少なくとも今報道されている相撲協会の取り組みでなくなることは期待できないし、過去の八百長をきちんと調べることもできなさそうだ。もともと無気力相撲の判定なんてそうそう簡単にできるものではない。本来ああいうのは、部屋の中などのようにもともと緊密な関係があって、「お前やっただろ」と一方的に言える状況の下でしか機能しないだろうが、今の制度は監察委員会みたいな「外」から行う方式なわけだし。過去の検証にしたって携帯電話の提出を「求める」でみんな正直に出すと考える方がおかしい。八百長を今やられてるような事後の判定や調査でなくそうという発想は捨てたほうがいいのではないか。

ちょっとまじめに考えると、基本的には今の力士の報酬スキームに歪みがあることが原因の少なくとも主要な1つだというのは確かレビットも指摘しているし、報道でも繰り返しいわれていることだ。勝ち越しかどうか、あるいは十両以上かどうかで大きく差がつく構造なら、八百長を行うモチベーションは確実に存在する。そこを直せば、完全になくなるとは思えないが、少なくとも八百長を生みやすい構造をある程度解消することができる。取り組みを当日その場で発表するというアイデアを誰かが書いてたけど、それもアリだろう。あとは、力士の報酬の中に個人単位ではなく部屋単位の成績で決まる部分を設けるのも手かもしれない。団体戦というわけだが、団体戦そのものに意味があるというより、部屋の中での相互監視に金銭的インセンティブを与えるという発想だ。ちょっと世知辛い気もするが、そのくらいやらないと「空気」は変わらないだろう。「まじめにやっている力士」が「オレには関係ない」という態度ではなく、自分の問題として真剣に考える「空気」が、あの世界には必要なのではないかな。


レビットの論文は英語なので、簡単に読みたい方はこちら。相撲以外の話もかなり面白い。読んだ人も多いだろうが、もし読んでないならお勧め。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7022/50819095

Listed below are links to weblogs that reference スポーツとして、伝統芸能として:

Comments

Post a comment