« 「ぞっとした」にぞっとした話 | Main | 「痛みを分かち合う」について »

March 10, 2012

みすず学苑、今年はアートの世界へ

毎年注目しているみすず学苑の広告だが、今年はついにアートの世界へ進出したようだ。

Mizusu2012


みすず学苑の広告については、これまでも何度か取り上げてきた。世界史上の有名人物から日本の歴史上の人物特集、宇宙人、オカルト系など、毎年、キャプションがないと誰だかわからないコスプレシリーズをやってて、期待を上回るあさって方向の展開に目が離せないのだ。

2007年:「みすず学苑、7つのなぞ
2009年:「みすず学苑の広告が「進化」している件
2010年:「さらに進化するみすず学苑!宇宙へ・・
2011年:「みすず学苑、オカルトへ走る

で、今年はどうなるだろうと思ったら、アートだった。画質が悪くて申し訳ない(見にくい場合はこちらをどうぞ)が、上の写真、向かって左側に大きくどんと出ているのは毎年おなじみのヤマトタケル、その右隣にいるのは・・・「写楽」とキャプションがついている。そうか写楽か・・・おーい!これ「写楽」じゃなくて写楽の作品じゃないかー!もう少しちゃんと書くと、写楽作品の中でもおそらく最も有名な、「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」っていうやつ。手のポーズからみてまずまちがいあるまい。

で、そのさらに右隣にいる、色が濃くてよく見分けのつかない人はというと、「マサイ族」っていうキャプションがついてる。ん?マサイ族ぅ?んー、マサイ族を描いた有名な画家とかいただろうか・・・?マサイ族は彫刻とか絵とかを売ったりしてるそうだから、そっち方向かな・・・。

他にはとみると、ミレー、シャガール、マチスの名が見える。美術的にも時代もばらばらだが、一応「日本で有名な画家」みたいなくくりになるのだろうか。いずれも、写http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=71896419&blog_id=63805楽と同じで、画家本人ではなく、その代表的な作品からモチーフがとられているようだ(ミレーのは「落穂ひろい」だよね。シャガールとマチスのは正直よくわからん)。その意味では、やはり「画家」というよりは「作品」のコスプレというべきなんだろう。となれば、写楽が採用されたのも多少わかる気がする。「日本橋」とか「富士」とかのコスプレはなかなか難しそうだし、「タコ」だと未成年向けにヤバそうだし。個人的には若冲の象とかも面白いと思うんだが。

動物ということでいうと、ここでさらに混乱させるのは、シカ、ラクダ、熊、パンダなどの動物の姿もあることだ。これはいったい・・・こういう動物を描いた絵はおそらくたくさんあるだろうから、そういう関係なのかな。でもね。でもだよ?じゃあ2010年から登場しすでにおなじみとなっている、空飛ぶプリンの皆様はどうなのさ?プリンを描いた有名画家とか、いる?毎年必ず登場しているヤマトタケルに至っては何をかいわんや。そして今やすっかり脇役に追いやられた縄文太郎一家。それでもちゃんと登場させてるのは何なんだ。いやわからん。ほんとうに、わからん。

もちろん、このわからなさ加減がみすず学苑広告の真骨頂というべきだろう。われら凡人にははかりしれぬ何やらがあるのかもしれない。しかし毎年ご苦労さまなことである。誰がどうやって考えてるんだろう。みすず学苑公式サイトの「よくある質問」ページに「あの広告は一体何なのか?」という質問がないのは相変わらず解せないけど。

ともあれ、今年もなかなか楽しませてくれたみすず学苑。さて、来年はどのようなネタで楽しませていただけるだろうか。今から期待。



Tumblrに投稿

Evernoteにクリップ

|

« 「ぞっとした」にぞっとした話 | Main | 「痛みを分かち合う」について »

Comments

いつも楽しみにして愛読させていただいております。
私も、長年みすず学苑の広告を楽しみつつ首をひねっておりました。今回のエントリに刺激を受けてしらべてみて、驚きの事実を知ることになりました。
何というか、壮大なプロジェクトに触れたおもいです。もしかしたら、触れるべきではなかったのかもしれません(苦笑)
詳しくは、下記のURL群にて。。。
http://www.misuzu-gakuen.jp/master/
http://h-handa.upper.jp/index.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E8%A6%8B%E6%9D%B1%E5%B7%9E
http://www.toshu-fukami.com/
http://www.totoami.jp/gyagu.html
http://www.fukami-comedy.com/

これからも、楽しみにいたしております。

Posted by: 6340_go | March 10, 2012 10:05 PM

今年までみすず学苑に通っていました。

入苑式辞で半田晴久さんがみすずの広告に関して、自ら手掛けていて、コスプレも自身なのだと語っていました。
なんでも、こうすることによって少しでも経費削減に努めているそうな......(゜-゜)

Posted by: GMSリラックマ | March 31, 2012 12:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference みすず学苑、今年はアートの世界へ:

« 「ぞっとした」にぞっとした話 | Main | 「痛みを分かち合う」について »