« ボルドーワインでグルメブロガーになろうとして玉砕した話 | Main | 齋藤孝「10分あれば書店に行きなさい」 »

November 05, 2012

2012年米大統領選、アイオワ予測市場的にはオバマ

日本時間で11月6日夜から投票が始まる2012年米大統領選は毎回恒例の「接戦」が繰り広げられている、と報じられてきた(直近ではオバマ有利と報じるものが増えてるようだ)わけだが、アイオワ大学のIowa Electronic Marketsの2012年米大統領選予測市場では、2011年夏の一時期を除き、オバマ優勢は基本的に揺らいでいない。勝者総取り(WTA)市場の状況はこんな感じ(23:45:01 CST, Sunday, November 04, 2012)。ここでの価格は「勝つと予測される確率」を示す。

銘柄買い売り終値安値高値平均
オバマ0.7600.7980.7940.6910.7940.725
ロムニー0.2020.2640.1990.1990.3100.281

とはいえ得票率(VS)市場で予測される得票率の差はほとんどない、というのも毎回恒例。一時期オバマ優位がはっきりしていたが、10月に入ってぐっと接近している。

銘柄買い売り終値安値高値平均
オバマ0.5070.5210.5070.5030.5200.507
ロムニー0.4770.4900.4800.4800.4900.489

まあ今回も開票時にあれこれあるだろうから、投票が終わってもしばらくは推移を見守ることになりそう。さてさて。



Tumblrに投稿

Evernoteにクリップ

|

« ボルドーワインでグルメブロガーになろうとして玉砕した話 | Main | 齋藤孝「10分あれば書店に行きなさい」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2012年米大統領選、アイオワ予測市場的にはオバマ:

« ボルドーワインでグルメブロガーになろうとして玉砕した話 | Main | 齋藤孝「10分あれば書店に行きなさい」 »