« かつ江さんに加勢致し候 | Main | 「ネトウヨ」より「ジジウヨ」がこわい »

個人的に抹茶が来てる話

個人的に抹茶ブームが到来している。直接のきっかけは先日参加した「綾鷹茶会」というブロガーイベントなんだが、それ以外にもたぶんいろいろ影響を受けたものはあるような気がする。とにかく、何かの拍子にふと「そうだ抹茶だ」と思い当たった、ということだ。

子どものころ大阪万博の松下館で抹茶を飲まされて「苦いー」となって以来抹茶にトラウマがあったり、正座が苦手だったりした関係で避けてきたんだが、通りがかった東京駅近くの一保堂で抹茶をいただいて、「ん、これはいけるかも」となって以来、ほぼ毎日の習慣のようになっている。茶道をきちんとやった人のようにはならないが、万事適当な性格なので、無理せず自由にやればいいや、と割り切ることにした。

というわけで、面白そうな茶碗をヤフオクであさったりしていたんだが、抹茶を自分で作って淹れられるシャープの『ヘルシオお茶プレッソ』がもらえるブロガーイベントがあるというのを聞きつけて、これは逃すまじと申し込んだ次第。

ブロガーイベントというと、これまでAMNでやってるものに主に参加してたんだが、今回のイベントははてな主催。はてなってブロガーイベントをやる企業だったっけ?という疑問もないではなかったが、まあいろいろあるんだろう。場所ははてなの東京オフィス。昔、代官山にあったころに一度おじゃましたことがあったんだが、今の場所は初めて。根津美術館の隣だから窓からの緑がきれい。オフィスの中も畳が敷かれていてそれっぽく。参加者もおしゃれな食べ物ブロガーさん(かつさらに女子率が高い)たちばかりでまたしても超アウェー状態だが、そんなことにかまってはいられない。

Cimg3222

最初に日本茶インストラクターの市川さんから「お茶の楽しみ方講座」なる講義が行われ、そのあとシャープの方が商品説明。

Cimg3226

Cimg3232

『ヘルシオお茶プレッソ』の最大の特徴は、やはり茶葉を挽いて粉末茶を作れるというところだろう。緑茶だけでなく、紅茶とかを挽いたりもできる。「茶葉の栄養成分をまるごとお茶に」というのがウリであるらしい。実際、緑茶を挽いた粉末茶は、見た目からいえば抹茶と変わらないぐらい細かい粉末になっている。もちろん抹茶の元となる碾茶は途中で茎や葉脈の部分をとったりするから製法はちがうわけだが、緑茶を挽いたものでもそれなりにおいしく飲めるし何より安い、との説明(上記の市川さんによると、割とお手頃のお茶を使った方がおいしくできる由)。

で、挽いたお茶を点てるわけだが、「回転はね」なる部品があって、これが茶筅でお茶を点てるときのようにお茶をぐるぐるかきまぜる。できあがったら茶碗をセットして注ぐだけ。割と簡単。で、イベントではこのあと抹茶とか抹茶ラテとか次々に出てきて、おまけにはてなに毎週来ておられるシェフの方(会社にシェフが来るってすごいね)が作ってくださったお菓子とかも山ほどあって、おなかがたっぷんたっぷんになるまでお茶三昧となった。

Cimg3266

Cimg3277s

というわけで、この『ヘルシオお茶プレッソ』をもらって意気揚々と帰ってきたわけだ。確かに自分でやってもちゃんとできるのでそれは大変満足なんだが、家でやってみると、音がやはり気になる。特にお茶を挽くときの音はけっこう大きい。夜中にやったら家中に響き渡るぐらいではある。で、けっこう時間がかかるのだよ挽き終わるまでに。1人分でも2分。安い茶葉で粉末茶ができるのはコスト的にたいへん助かるのだけど。ちなみにこれが、スーパーで買ってきた伊藤園の「おーいお茶」の茶葉を挽いてみたもの。

Cimg3293s

ご参考までに、同じ器に抹茶(安いやつね)を入れてみるとこんな感じにみえる。どっちもフラッシュのせいで色が飛んじゃってて申し訳ないが、比べてみると、『ヘルシオお茶プレッソ』で挽いた粉末茶は、抹茶と比べるとややくすんだ色合いに見える。碾茶はふつうの茶葉とはちがうから、それはそれで当然ではあろう。

Cimg3297

あと、お茶を点てる方は、よく考えるとこの機械を使わなくても、ふつうに湯沸かしポットとかでお湯を沸かして茶筅でかきまぜればできるのだね。『ヘルシオお茶プレッソ』を使うとこちらもけっこう音が出る。お湯を沸かすして淹れるところまではコーヒーメーカーと同程度なんだけど、そのあと、例の「回転はね」がかきまぜるときはそれなりのモーター音がする。できあがったものがこれ。薄茶のあの泡部分は、やり方が悪かったのかもしれないが、あまりできなかった。まあ少しはできているので、なんちゃって表千家、ぐらいに考えることにする。

Cimg3294

味は、まあ抹茶とは少しちがうとは思うが、概ね似ているといえば似ているし、こういうもんだと思えばふつうにおいしい。茶葉をまるごと飲めるからヘルシー、みたいな話は正直どうでもいいが、茶殻が出ないのは地味にうれしい。もちろんお茶を淹れたあと洗わなきゃいけないのは同じだけど。

というわけでこの『ヘルシオお茶プレッソ』、個人的にはたいへんありがたく便利に使っているんだが、あえていうなら、「音はもう少しなんとかなりませんでしょうか?」という感想を禁じえない。もちろん、昼間とか職場とか、あまり音が気にならない環境で使う分にはまったく問題なかろうとは思うんだが、深夜にお茶飲んだりする身としては、音はやはり気になる。あと、個人的好みだけでいうなら、お茶を挽く臼の部分だけの機械があったらいいかなあ。

なんかあんまりほめてないみたいで申し訳ないのだけど、でも、悪くはないよ?コーヒーも自分で豆から挽いたりするから、お茶も自分で挽いて淹れる、みたいなのはけっこう楽しい。こういう楽しみをどのくらいの人が共有してくれるかどうか、はよくわからないけど、わかる人ならお勧め。その意味で、若干人を選ぶかもしれない。シャープって製品のジャンルがけっこう多岐にわたってて、経営的にいろいろあろう中こんなに手を広げてていいのか的なアレもないではないんだが、ともあれぜひがんばってもらいたい。



|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7022/59972192

Listed below are links to weblogs that reference 個人的に抹茶が来てる話:

Comments

Post a comment