« 「合格力ランキング」の「欠陥」とその「欠陥」について | Main | 産まない(  )が悪い »

September 17, 2014

集合知的にはスコットランド独立はなさそう

スコットランド独立の是非を問う住民投票が18日に迫っている。報道をみる限りは賛否伯仲して予想がつきにくい状態らしい。

スコットランド、独立か英残留か 18日に住民投票
(日本経済新聞2014/9/17)
投票前の最後の週末となった13~14日に発表された各種の世論調査では独立への賛否は拮抗している。接戦がほぼ確実視されており、独立の行方は浮動票が握っている状況だ。

実際、BBCのpoll trackerとか見てるとけっこう拮抗してて、しかもYESの人が増えてきてる。9月16日時点でYES44%、NO48%。The Telegraphのだと9月13日時点でYES54%、NO46%。

Should Scotland be an independent country? (BBC)

Scottish independence referendum poll: the latest tracker (The Telegraph)

とはいえ、予測市場やブックメーカーなどの集合知系だとそうでもないなあ、というのでメモ的に書いとく。

予測市場ということで、まずはPredictious。ここはビットコインで取引する予測市場。スコットランド独立に関してはYESとNOの2つの市場が出ている。今見たらこんな感じ。

YES:1.25-2.70
NO:7.30-8.75

正しい方が10m฿もらえるしくみ。それぞれ幅で示されているのはビッドアスクスプレッドかと思う。間をとると、YESの確率が約20%、NOの確率が約80%ということになる。スプレッドがけっこう広いのは不確実性のあらわれだろうが、それでもNOの確率がこれだけ大きくみられているということだ。

ついでにもう1つ、Inklingもみておく。

Will an independence referendum *pass in Scotland?

こちらは100が独立賛成多数となる確率100%を意味するわけだが、今の価格は6.07。つまり6%そこそこ。グラフをみるとここのところだだ下がりになってる。というか、少なくとも8月以降はずっとYESの価格は低迷を続けていて、一時少し上がったりもしたが、とても100まで届きそうな勢いではなかった。

どうも予測市場ではNOが優勢ということらしい。と思っていたところで、ブックメーカーの方でも同様という話が入ってきた。

スコットランド独立反対予想、ブックメーカーが払戻金支払い
(ロイター2014年8月16日)
ブックメーカーは賭け対象のスポーツ競技で、ある結果が不可避と判断すれば、早めに払戻金を支払うことがある。
同社は、投票で反対票が賛成票を上回る可能性が高いと判断した、と説明する。


ODDCHECKERでみてみると、やはりどこもNOの方がオッズが圧倒的に低くなっている。

SCOTTISH INDEPENDENCE REFERENDUM OUTCOME BETTING ODDS

というわけで、集合知的にはNOという結論のようだ。実際にどうなるかは見てみないともちろんわからないが、報道で聞く「接戦」という話とはちがった姿がみられるのだな、ということで。



|

« 「合格力ランキング」の「欠陥」とその「欠陥」について | Main | 産まない(  )が悪い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 集合知的にはスコットランド独立はなさそう:

« 「合格力ランキング」の「欠陥」とその「欠陥」について | Main | 産まない(  )が悪い »