« それなら「ポロリ」も復活させるといい | Main | むしろ「否定と否定」だと思う »

December 29, 2017

12/31C93東ト30b新刊「メディア・コンテンツとジェンダー」

駒澤大学GMS学部山口ゼミのサークル「こち駒」は12月31日(日)、東京ビッグサイトで開催中のコミックマーケット93(C93)に参加します。東6ホール、東ト30b。今年の新刊は「メディア・コンテンツとジェンダー」。今年度「実践メディアビジネス講座I」のシリーズ講義でゲスト講師にお話しいただき学んだ内容と、私たちが調べた内容をまとめています。ハフポストに掲載されたものも一部収録。全160頁。

Photo


目次はこんな感じ。

はじめに

第1章 「炎上」と「反発」
  1.1 相次ぐCM炎上
  1.2 コンテンツのジェンダー差別
第2章 「搾取」と「自由意志」
  2.1   「被害者」としてのAV女優
  2.2  「表現者」としてのAV女優
  2.3   解決のために
第3章 ジェンダー問題としてのLGBT
  3.1   「おネェ」の「憂鬱」
  3.2   LGBTと同性婚
  補論: 「少数派の中の多数派」としてのLGBT
第4章 メディアビジネスとジェンダー
  4.1   映画界のジェンダーバランス
  4.2 在京キー局プライムタイム実写ドラマの
ジェンダーバランス
  4.3   在京キー局 朝の情報番組出演者にみる
ジェンダーバランス
第5章 企業の現実
  5.1   女性登用は進んでいるか
  5.2   女性が活躍する企業は業績がいいのか
第6章 「男女の戦い」を超えて
  6.1   「ジェンダー視点」はどこから生まれるか
  6.2   忘れられた人々
  補論: パタニティーブルーなイクメン達
  6.3   「協調戦略」

皆さまよろしければぜひ。

|

« それなら「ポロリ」も復活させるといい | Main | むしろ「否定と否定」だと思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 12/31C93東ト30b新刊「メディア・コンテンツとジェンダー」:

« それなら「ポロリ」も復活させるといい | Main | むしろ「否定と否定」だと思う »