« December 2017 | Main | February 2018 »

むしろ「否定と否定」だと思う

話題になっている、と思ったらあんまりなってなくてちょっと残念だが、映画『否定と肯定』を見てきたので感想をひとくさり。英国の裁判の様子がリアルに描かれている。人物描写などは英国映画っぽく抑制が効いていて好感がもてた。以下、若干ネタばれありだが、そもそも結論のわかっている実話ベースの作品なのであまり気にしない。

Continue reading "むしろ「否定と否定」だと思う"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« December 2017 | Main | February 2018 »