Trion World Networkは何をしようとしているのだろう

ちょっと前のMIT Technology Reviewに出ていた「Startup to develop new forms of online video games」という記事なんだが、わかったようなわからないような。

Continue reading "Trion World Networkは何をしようとしているのだろう"

| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

君は「ゲーム用ホームページ」を知っているか

今日は東京ゲームショウ2006の初日。ビジネスデイにはけっこう面白いイベント(ビジネス向きの、ね)をやっているのでぜひと思っていたのだが、行けない。どうしても、行けない。くやしい。

ともあれ、ゲームにちなんで、「ゲーム用ホームページ」の話。小ネタなので念のため。

Continue reading "君は「ゲーム用ホームページ」を知っているか"

| | Comments (3) | TrackBack (1)
|

セミナー「アジアにおけるグローバルコンテンツ開発」

9月19日に、「アジアにおけるグローバルコンテンツ開発 シンガポール共和国における現地法人設立の利点-海外展開により拓かれるデジタルゲーム産業の発展と、その可能性-」というセミナーが開かれる。2時間ドラマ並みに長い名称だね。…いやそうじゃなくて、行きたいのだ。行きたいのに、行けないのだ。ちくしょー。

というわけなので、どなたか参加して、ぜひお話をお聞かせ願いたい、という話。

Continue reading "セミナー「アジアにおけるグローバルコンテンツ開発」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

「実名」の時代

ここ数日、オーマイニュース関連でいろいろあれこれ書いてるので、「実名」とか書くと、「!」という人がたくさんいそうだが、ぜんぜん関係ない、オンラインゲームの話。

しかも古い。

Continue reading "「実名」の時代"

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

なぜ「マジカルバケーション」に注目すべきか、という話

NINTENDO DS用ゲーム「マジカルバケーション 5つの星がならぶとき」が話題になっているらしい。

Continue reading "なぜ「マジカルバケーション」に注目すべきか、という話"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

State of Play IV: 今年はNYとシンガポールで

ネット上の仮想空間における法とか規制とか、そういったあたりを議論する「State of Play Conference」。今年はニューヨークとシンガポールの2箇所でやるらしい。

Continue reading "State of Play IV: 今年はNYとシンガポールで"

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

「Second Life」が起業ワークショップを開く

8月18日だから明日、なのだがPSTだからまだ明後日。どちらにせよ今からでは間に合いそうもないサンフランシスコでのイベント。面白そうなのに。

Continue reading "「Second Life」が起業ワークショップを開く"

| | Comments (2) | TrackBack (1)
|

「Second Life」内でプロミュージシャンのライブが行われている

8月15日付のWired News「Second Life Rocks (Literally)」に注目。いずれと予想はしていたけど。

Continue reading "「Second Life」内でプロミュージシャンのライブが行われている"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

藤本徹さんシリアスゲーム講演資料

シリアスゲームのウォッチャーの方にはすでに知られているだろうが。

Serious Games Japanの藤本徹さんが東京大学BEAT(ベネッセ先端教育技術学講座)セミナーの公開研究会で行った講演の資料がアップされている(PDFファイル)。事例などもいろいろ紹介されていて、資料だけでもけっこう有益。というのは行けなかったくやしまぎれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

「Massively Parallel Human Computing」あるいは「Artificial Artificial Intelligence」が「マイクロ・ワーク」を生む、という話

先週BBAの講演で「ゲーム内労働」みたいな考え方があるのではないか、といった話をしたのだが、これとウェブサービスにおける「マイクロ・ワーク」との類似性について、ちょっと補足ぎみに追加してみる。

Continue reading "「Massively Parallel Human Computing」あるいは「Artificial Artificial Intelligence」が「マイクロ・ワーク」を生む、という話"

| | Comments (8) | TrackBack (0)
|

より以前の記事一覧