コンテンツ政策フォーラム―コンテンツ学とコンテンツ学会の構築に向けて―

12月21日、慶應義塾大学にて、「コンテンツ政策フォーラム―コンテンツ学とコンテンツ学会の構築に向けて―」なるイベントが開催される。
日時:12月21日(金)16時30分~19時
会場:慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール

Continue reading "コンテンツ政策フォーラム―コンテンツ学とコンテンツ学会の構築に向けて―"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

英国でもネット心中増加

イギリスでもネット心中が増加しているらしい。12月3日付のIndependent紙の記事だ。

Continue reading "英国でもネット心中増加"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

新潟県中越地震:国際大学からのレポート

新潟県中越地震に関して、まずは被災者の方々にお見舞いを申し上げたい。
政府は全力をあげて対処してほしい。税金の使い道として、最も理解の得やすい領域だと思う。

今回の地震で、現地発の情報発信におけるネットの役割が注目されている。「新潟中越地震「現地発」情報 地域別整理blog」では、Yahoo!とteacupの地震災害掲示板に寄せられた現地発の情報を地域別に整理しているほか、bloggerからのトラックバックも受け付けている。「新潟県中越地震情報」でも、さまざまなニュースを集めているほか、トラックバックを受け付けている。義捐金・支援物資についての情報は、「くりおね あくえりあむ」に詳しくまとめられているので参照願いたい。義捐金詐欺も出ているようだから、せちがらいが充分ご注意を。

私のところに、南魚沼郡大和町にある国際大学(IUJ: The International University of Japan)からの臨時メールマガジンによる状況報告があった。緊急時につき、とりあえず原文のまま転載する。書いたのは、自身もIUJの卒業生であるIUJ Alumni Relationsのディレクター、Gretchen Shinodaさんだ。著作権云々の問題もあろうが、非常事態だし勘弁してもらいたい(追記:ご本人の了解を取得した)。とりあえずIUJ関連の人的被害はなさそうでひと安心。

Continue reading "新潟県中越地震:国際大学からのレポート"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

天高く馬肥ゆるコンテンツの秋

秋はイベントの季節だ。いや、もちろん春にも夏にも冬にもイベントはあるのだが、なぜか秋はイベントが多い。コンベンションだの学会だの、別に出なければならないものでもないが、やはりやっているとなれば出たいのが人情だ。というきわめて個人的な関心により、今興味を持っているコンテンツ関係のイベントで目についた一部をリストしておく。

Continue reading "天高く馬肥ゆるコンテンツの秋"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小型ロケットでテロ!?

10月14日午前の副大臣会議で、北海道のNPO法人が一般向けの販売を発表した小型ロケットについて、テロへの転用を警戒する声が出た(記事はこちら)。このロケットは、北海道大学等の研究グループが開発し、NPO法人「北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)」が10月1日から1基210万円で販売を始めた再使用型ハイブリッドロケットだ(記事はこちら)が、テロに使われたら一定の威力を発揮する可能性がある」との指摘があったらしい。

用心にこしたことはないのだろうが、それにしてもだ。

Continue reading "小型ロケットでテロ!?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

公的年金タスクフォースが進展しているらしい

少し前に「週刊!木村剛」あたりで盛り上がった公的年金問題に関連して、bloggerたちが「公的年金タスクフォース」を立ち上げたという話があちこちで話題になった。マスメディアにもいくつかとりあげられたと思う。その後どうなったのだ、と気にする向きもあるだろう。

詳しくは「公的年金タスクフォース」のblogがあるのでそちらをご覧いただければいいのだが、これがどうもいろいろ進展しているらしいのだ。

Continue reading "公的年金タスクフォースが進展しているらしい"

| | Comments (4) | TrackBack (3)

ベイブレード、初の世界大会

8月17日、ベイブレードの初の世界大会が、ニューヨークで開催された。「BBA World Championships」と題したこの大会では、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、アイルランド、メキシコ、オーストラリア、チリの10カ国から予選を勝ち抜いた代表者が集まり、世界チャンピオンの座を競った。優勝したのはアメリカ代表のNoland, C.選手。

もしベイブレードを知らない人が読んだら、いったい何の話なのかわからないだろう。

Continue reading "ベイブレード、初の世界大会"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キリン、CO2排出権取引に参加

キリンビールがCO2排出権取引市場への参加を表明した(ニュースはこちら)。この市場は環境省が来年度導入予定のもので、企業が自主的に二酸化炭素の排出枠を設定し、その枠に対する実際の排出量の多寡に応じて排出権を売買する、というものだ(「自主参加型排出権取引制度」という)。これに参加すると省エネ設備導入のための補助金を受け取れるというメリットもあるらしい。参加を表明した企業は産業界では始めてとのこと。

Continue reading "キリン、CO2排出権取引に参加"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

BBC、テレビ番組のアーカイブをクリエイティブ・コモンズでネット公開へ

BBCが、過去に放映したテレビ番組を、クリエイティブ・コモンズのライセンスの下で英国のインターネットユーザーに公開する計画を明らかにした。

記事はこちら
ZD Net UKのこの記事も参照。
BBCのニュースリリースはこちら
日本のクリエイティブコモンズの活動については、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのサイトを参照。

Continue reading "BBC、テレビ番組のアーカイブをクリエイティブ・コモンズでネット公開へ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

違法コピーがテロ資金に

Financial Times2004年7月23日より。
70カ国のレコード会社等で構成されるInternational Federation for the Phonographic Industry (IFPI)の調べによれば、音楽の違法コピーが国際テロ組織や組織犯罪集団などによってマネーロンダリングや違法薬物取引、さらにはテロ資金に回ったりしているという。

Continue reading "違法コピーがテロ資金に"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

提携「ケータイ」の時代が来る?

The Economist誌2004年7月10日号で、「仮想携帯電話網会社(MVNO: Mobile Virtual Network Operator)」についての記事を見かけた。自前の携帯電話網を持たず、既存の携帯電話会社から借りて事業を営むかたちの会社だ。記事が主に取り上げていたのはヴァージン・グループVirgin Mobileだ。10代の若者を主なターゲットとして既に400万人もの契約者を持ち、事業はイギリスだけでなくアメリカオーストラリアにも広がっている。資金調達のためイギリスでの株式上場をねらっているという。

Continue reading "提携「ケータイ」の時代が来る?"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Blogを書くということ

新聞で、blogの記載がもとで職を失った人の話が出ていた。

Financial Times2004年6月21日のコラム「A stretch in the virtual stocks for the global village gossip」 (by Patti Waldmeir)は、LAのIT企業に勤めるごく普通のウェブデザイナーであるHeather Hamiltonさんが、自分の会社生活を匿名で書き綴っていたblogの記載のために会社から解雇されてしまった事例を紹介している。身の回りのできごとを書いていたごく普通の内容で、いわばウェブ版「ブリジット・ジョーンズの日記」にすぎなかったにもかかわらず、だ。

Continue reading "Blogを書くということ"

| | Comments (5) | TrackBack (1)

年金改革:出生率低下はチャンス

厚生労働省がまとめた2003年の人口動態統計で、合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の数)が過去最低の1.29となることが明らかになった。先進国の中でも最低水準だそうだ(記事はこちら)。

事態はゆゆしきことだが、このニュースそのものは、こと年金改革に関する限り、制度見直しのきっかけと考えることができるのではないか。

Continue reading "年金改革:出生率低下はチャンス"

| | Comments (3) | TrackBack (3)

第12回産業用バーチャル リアリティ展

2004年6月16日(水)~18日(金)、東京ビッグサイトにおいて、「第12回産業用バーチャル リアリティ展」が開催される。手元に招待券があるのだが、「バーチャル リアリティ業界 世界最大の専門技術展」だそうだ。会場の広さは東京ドームの3倍というから、かなりのものだろう。参加企業の展示に加え、多くのセミナーが開催される。

Continue reading "第12回産業用バーチャル リアリティ展"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

曲げられるCPU

フィルムのように曲げられるCPUが開発された(記事はこちら)。民間研究機関の半導体エネルギー研究所が開発したもので、いったんガラスの上に薄膜状の基盤を作り、それをはがしてプラスチックの上に貼り付けることにより可能となったものである。試作品の動作速度は13MHzで、CPUとしては10年前の水準だそうだが、今後性能を向上させ、2007年をめどに実用化をめざすという。ウェアラブルコンピュータに道を開く大きな一歩かもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国民年金 免除幅を拡大:だから?

厚生労働省は、国民年金保険料の未納者対策として、低所得者向けの国民年金保険料の免除期間を広げる方針を固めたそうだ(記事はこちら)。だから何なのだ?という感じを受ける。

Continue reading "国民年金 免除幅を拡大:だから?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

決済性預金とペイオフ

4大銀行(みずほ、三井住友、東京三菱、UFJ)は、来年春に予定されるペイオフの全面解禁への対応として、解禁後も全額保護される「決済用預金」を導入する(記事はこちら)。また、八千代銀行は4月20日から取り扱いを始めたという。これに対し朝日新聞は、「ペイオフの骨抜きにつながる」と批判しているが、必ずしもそうではないと思う。

Continue reading "決済性預金とペイオフ"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

IBM、テレビ修理業に進出

IBMが、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)の一環として、Philips Consumer Electronicsのアフタサービス業務を受託し、テレビやCDプレイヤーなど、同社の製品に関する品質保証管理や顧客対応、修理業務を行うという(ニュースはこちら)。

IBMがモノづくりからサービスを主体とした会社になって久しいが、ここまでやるとは。このニュースは北米での話だが、日本IBMはどうするのだろうか。まさかIBMの社章をつけた作業服姿のおじさんが家庭にやってきてテレビの修理をするようになるとは思えないが、日本でも同様の事業を行うとすれば、ぜひ修理に呼んでみたい気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

吉野家応援団

米国で発生したBSEのため牛丼の販売を中止(一部例外あり)している吉野家ディー・アンド・シーに対して、全国のファンから新メニューの提案が相次いでいるという(記事はこちら)。

Continue reading "吉野家応援団"

| | Comments (0) | TrackBack (0)