「物の怪」としてのゴジラ

今各所で話題の「シン・ゴジラ」を見てきた。なかなかよかった。レビューとかはあちこちで書かれているし、さまざまな読み解きものもいろいろな角度で出ていてそれぞれ面白いが、それを後追いしてもつまらないので、世の中の評価やら作者の意図やらとは一切無関係に、一観客としての個人的な感想を手短に書くことにする。以下ネタばれありなので観た人向け。

Continue reading "「物の怪」としてのゴジラ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「手作り」の境界線

小ネタ。唐突だが、2月は手作りの季節だ。

いったい何の話だといわれそうなので、1つグラフを出しておく。これはGoogleトレンドで「手作り」というキーワードでの検索トレンドを追ったものだが、定期的にスパイクがあることに気づかれるだろう。これらは毎年のいずれも2月だ。要するに、日本人が最も「手作り」に関心を持つ時期ということになろうか。

Photo

というわけで、2月が手作りの季節という意味はおわかりいただけたかと思う。想像がつくと思うが、これはもちろん、2月にバレンタイン・デーがあるからだ。これに関連して、かねてより疑問に思っていたことがある。

ここでいう「手作り」とはいったい何を意味しているのだろうか。

Continue reading "「手作り」の境界線"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

『アステリズム』のこと、「もしも」のこと

先日、ゼミでやっているニコ生番組に、チュアブルソフト代表のイシダ氏にご出演いただいた(リンク)。同社の新作ゲームソフト『アステリズム』の発売前日というタイミングだったのだが、せっかくおいでいただくのだからということもあって、実際にゲームをやってみた。私が18禁ゲームの評論などしても面白くもなんともないだろうが、いろいろ関連して思うところはあったので、それについて少し書いてみる。毎年夏のこの時期はどうも妙に感傷的になることが多くて、このブログでもあーだこーだととりとめもないことを書いたりするんだが、まあそのシリーズといってもいい。

以下、『アステリズム』に関する話が出てくる。できるだけネタバレにならないようにしようと思うが、完全にはできないと思うので、そういうのが嫌いな方は読まない方がいいと思う。とりあえずこの記事自体は18禁の内容ではないことも、併せて念のため。

Continue reading "『アステリズム』のこと、「もしも」のこと"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本型の電子書籍がほしい

小ネタ。電子書籍まわりはこのところ、いよいよアマゾンのKindleが日本に来る話だとか楽天傘下となったKoboも日本で展開する話だとか、マイクロソフトのSurfaceやらグーグルのNexus 7やらみたいなタブレットが出てくる話だとか、いろいろな動きがあるようで、活発なのは何より。ただバラバラだとそれはそれでめんどくさいので、早く趨勢が見えてくるといいな、とか。以前シノドスジャーナルで書いたものから意見はそう変わってはいない。

とはいえ、こんなものを見つけたのでちょっとだけ個人的趣味に基づく妄想を書いとく。

Continue reading "本型の電子書籍がほしい"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「隠れられる社会」について

オウム真理教関連の特別手配犯で最後に残った1人、高橋克也容疑者が、17年間の逃走の後、西蒲田の漫画喫茶で発見され、逮捕されたという件。前日あたりからネットで「逮捕か」みたいな大騒ぎがあったわけだが、そのとき野次馬が集まった場所とは違ったところにいたわけだ。

オウム高橋容疑者を逮捕=都内の漫画喫茶に潜伏-地下鉄サリン事件の殺人容疑など」(時事通信2012年6月15日)
1995年に起きた地下鉄サリン事件などで特別手配されていたオウム真理教元信者の高橋克也容疑者(54)が15日、東京都大田区内で身柄を確保され、警視庁は殺人容疑などで逮捕した。

オウム関連の逮捕案件がこのところたて続けにあったから関心が高まっていたということもあるんだろうが、やはり大ニュースだ。新聞の号外も出たらしい。ネットでも、この件については、あちこちでいろいろな人がいろいろなことを言ったり書いたりしてる。何はともあれひとくぎり、ではあろう。長年捜査にあたられた関係者のご尽力には頭が下がる。ご遺族、被害者の方々の思いは想像するしかないが、これで無念が晴れるとはいかないまでも、少なくとも悪いニュースではなかろう。

個人的にもいろいろ思うところはあったのだが、1つだけ、少し本題と離れた話を書いてみる。

Continue reading "「隠れられる社会」について"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

「虹色ほたる~永遠の夏休み~」を見たので

先日、「虹色ほたる~永遠の夏休み~」を見てきた。東映アニメーションが約30年ぶりに製作したオリジナル劇場用映画であるらしい。ゼミの卒業生が東映アニメにいて勧められたのがきっかけだったが、なかなかよかったので少し感想的なものを書いてみる。

Continue reading "「虹色ほたる~永遠の夏休み~」を見たので"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

コピペの「作法」

レポートの採点などをしていると、いわゆる「コピペ」に気づくことがある。いうまでもないが、一般的に大学教育の場でのレポートにおけるコピペは一種の不正行為とされている、いわばご法度の行為だ。よって本来なら減点なり失格なりといった対応をするわけだが、対応をするからにはきちんと証拠を押さえていないといけないから、そこまでの確証がない場合は、多少疑わしくても見逃す場合がけっこうある。世の中にはレポートや論文のコピペ、剽窃チェックのためのツールはすでに存在している(これとかこれとか)から、それらを使うという手もあるが、教育という場にこういったものを入れるべきなのかどうか、議論があるところだろう。

しかしここで論じたいのは、コピペの是非そのものではない。あくまで個人としての意見だが、コピペするにも「作法」みたいなものがあるんじゃないだろうか、という点についてだ。

Continue reading "コピペの「作法」"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「影踏み」論法と名づけてみる

小ネタ。「ダメな議論」のひとつに、「○○だとすれば問題」という論法がある。典型的には、「○○という状態がもし仮にあるのだとすれば、それは問題である」といったかたちで使われる。ここでのポイントは「だとすれば」という部分だ。批判する対象を具体的に指摘するのではなく、批判に都合がよいようなものを勝手に想定して、それに対して批判するわけだ。

Continue reading "「影踏み」論法と名づけてみる"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

「トイ・ストーリー3」が大人向けにお勧めである件

AMN関連で「トイ・ストーリー3」のブロガー向け試写会があって、都内某所の試写会場に行ってみたので、手短に。基本的に、ネタばれはない、つもり、のはず。

_copyright


Continue reading "「トイ・ストーリー3」が大人向けにお勧めである件"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

事業仕分けについてまたもやつらつらと

独立行政法人の事業仕分けが前半の日程を終了した。事業仕分けについては昨年一度書いたことがあるし、そこで行われたネット中継についても数日前に別途書いたとおりだが、仕分け自体について、このタイミングで自分の考えをもう一度まとめてみるのも悪くないと思うので、ひとくさり。

相変わらず無駄に長いので、読みたくないという人のために思いっきりまとめるとこんなあたり。
(1)政治のプロセスを可視化するツールとして再定義したらどうか。
(2)人を入れ替えることはけっこう重要なのではないか。

Continue reading "事業仕分けについてまたもやつらつらと"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

出会う楽しみ、出会う苦しみ

本はネット書店で、というのが最近のスタイルになっている。行かなくてすむ、探す手間が省ける、届けてくれるという便利づくし。新品と古本を比較できるのもいい。といったようなことを書くと、「ネット書店では新たな本との『出会い』がない」みたいにいう人がいる。店内をぶらぶら歩きながらあれこれ見ているうちに、予想もしなかった、でも面白そうな本が見つかったりする。そういう偶然の出会いは「効率」「利便性」ばかりのネット書店にはない、と。

いやそんなことわかってるってば。逆なんだよ。むしろその「出会い」ってやつこそが問題なわけで。

Continue reading "出会う楽しみ、出会う苦しみ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界は(おおむね)「バカ」と「暇人」でできている

ちょっと前に、「ウェブはバカと暇人のもの」という本が注目を集めた、らしい。読んでいないのでよく知らないのだが、ネットでレビューなどをちら見した限りでは、まあタイトル通りの本なのだそうだ。

著者はインターネットのニュースサイトの編集者だとか。自分の「顧客」を罵倒するのはさぞかし勇気がいるだろう、と思っていたが、別のところで、ご本人がべろべろに酔っぱらったあげくにtwitterに架空アカウントを作ってエロいことをさんざん書きまくったとかいう本人談が出ていて(どうでもいい話だが、私は「べろべろに酔っぱらって」という言い訳が好きではない。20歳で初めて飲みましたとかいうなら別だが、いい大人が自分の適量を知らないのもどうかと思うし、べろべろに酔っぱらうと変なことをする性質ならそもそもべろべろになるまで飲むべきではない。べろべろに酔ったあげくに車で人をはねてしまいましたという言い訳が通用しないのと同じだ。そもそもこの件、「べろべろに酔った」を愚行の口実に使うこと自体潔くない)、ああなんだご自分も含めての話なのかと妙に納得した。かくいう私ももちろん同じ「バカ」で「暇人」の一味(とはいえ私はべろべろに酔っぱらって捨てアカウントにエロいことを書きまくったりはしないよ。そこまで落ちちゃいない)だから、別にこの人を貶めたいわけではない。あ、もちろんこの本の書評を書くつもりもない(読んでないし)のであらかじめ。

というかさ、そもそも世の中ってそういうもんじゃなかったっけ?という、別に珍しい話でもないよなあとも思いながら書いてみる話をひとくさり。読み返してみるとカッコばっかりで実に読みにくい文章だが、今は推敲する気力がないので殴り書きのままおいとく。

Continue reading "世界は(おおむね)「バカ」と「暇人」でできている"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

もうシュワちゃんはいらない、のだろうか?

手短に。2009年6月13日劇場公開の「ターミネーター4」に、これまでのシリーズで「主演」したアーノルド・シュワルツェネッガー・現カリフォルニア州知事がCGで登場する、という話。

シュワルツェネッガーさんは実際に撮影に参加したわけではなく、ターミネーター「T-800」としてCGで出演。「T-800」は、カナダ人のボディービルダーに、シリーズ第1作のシュワルツェネッガーさんの顔をCGで合成、炎から脱出するとメタリックなボディーに変身する。
ターミネーター4:シュワ知事が“出演” サラ・コナーは声で復活 6月公開」(まんたんウェブ 2009/05/15)

ということは、だ。

Continue reading "もうシュワちゃんはいらない、のだろうか?"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

いま「あの人たち」がいたらどんな布教活動をするだろうか

最近「聖☆おにいさん」が面白くて、という話は前にも書いた。ああいうノリはある意味現代日本ならでは、だろう。「ヘタリア」の例をみるまでもなく、世界には冗談の通じない人たちがたくさんいるので、そういう面々の目に留まらないことを祈るのみ、ではある。個人的には充分好意的な扱いだと思うんだがね。

とはいえ、ちょっと気になる点もある。これも前に書いたが、もし「彼ら」が、本当に今の日本にいるとしたら、あのようなお気楽な暮らしをしていただろうか、という点。いろいろ問題はあっても世界の中でみれば恵まれたほうの国に属すると言わざるを得ない日本だが、じゃあ人々が心安らかに暮らしているかというと、とてもそんなことはいえない。もちろん世界の他の国にいたとしても、やはりそれぞれ深刻な問題はある。おそらく「彼ら」は獅子奮迅の活躍を、ということになったのではないか。

で、つらつらと想像をめぐらせてみるわけだ。ブッダやイエスなどがもし現代に生まれていて、いまから布教活動を始めるのだとしたら、どんな方法をとるだろうか、と。

Continue reading "いま「あの人たち」がいたらどんな布教活動をするだろうか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Christmas Songs

手短に。以下に貼ったYouTube動画は、いずれも説明の必要もないほど有名なものばかり。まあ季節柄というわけだが、ただ能天気におめでたいだけじゃなくて、なんだかいろいろとほろ苦いあたりも共通している。

Continue reading "Christmas Songs"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

閣僚にも「仮採用」期間を設けるべきではないか

ごく手短に。就任した翌日に失言問題を起こして5日で辞める大臣がいるらしい。報道等で見ると管轄外の発言も含まれるそうで、その適否はともかく、よほど自分が就任したポストに不満だったんだろう。うっかりというより以前からの持論で「信念」に基づいた発言らしいから、辞めようとして発言したのではないかとすら思える。失言の揚げ足取りばかりやるのも不毛だとは思うが、少なくとも管轄の問題に対する発言だけでまあ「辞任相当」かと。

それはともかく、数日しか在任しなかった大臣を「前大臣」とか「元大臣」とか称するのは非常に違和感が残る。思えば最近、あっという間に辞めていく大臣がけっこういるが、これも「大臣経験者」として扱うべきなのか、疑問に思う。

Continue reading "閣僚にも「仮採用」期間を設けるべきではないか"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

気象協会がSNSっぽいものを始めている話につられてつらつらと

不勉強なもので、財団法人日本気象協会が「tenki.jp」なるサイトを始めていたことも知らなかったのだが、その「tenki.jp」がリニューアルして、コミュニティ機能がついたという話にはさらにびっくり。

Continue reading "気象協会がSNSっぽいものを始めている話につられてつらつらと"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

"Memento mori."

伊丹十三の「ヨーロッパ退屈日記」に、「夏の盛りには、時間はほとんど停止してしまう」というくだりがある。たぶん今ぐらいの時期のことを指しているんだろうが、なんともいえない実感がある。時間が「停止」すると、なんだかいろんなところに考えがとっちらかってしまうせいか、柄にもなく思索的になったりする。

だからというわけでもないんだろうが、8月は、いろんな意味で「死」を意識する時期であるような気がする。

Continue reading ""Memento mori.""

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「戦争待望論」について

「論座」2007年1月号に、「『丸山眞男』をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争。」(同内容がご本人のサイトにもある)という記事を書いた「フリーライター」の赤木智弘さんが、2008年5月3日付の東京新聞朝刊に「地元のコンビニで働く赤木さん」として登場していた。「反発と絶望 極論生む フリーター『戦争を希望』」という記事(こちらにもある)。

Continue reading "「戦争待望論」について"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

島耕作は政界を目指すだろうか

小ネタ。島耕作が社長になるらしい(参照)。マンガ界のまさに出世頭なわけだが、この推移を見ていてつい思い出すのはジャック・ライアン。ご存知の方も多いと思うが、トム・クランシーの一連の小説に登場する人物だ。あんまり詳しく知ってるわけじゃないが(Wikipediaに詳しく出てる)、うろ覚えだと、海兵隊員から海軍兵学校の教員になって、CIAに入って、大統領補佐官になって、副大統領になったと思ったら大統領が死んじゃって大統領に就任という具合で、とんとん拍子で出世していった。あんまりどんどん出世するもんで、最後はローマ法王になるんじゃないかというジョークが出ていた記憶がある。

となればわれらが島耕作もぜひがんばっていただきたい。もとより一企業の社長でおさまる器ではなかろう。まずは社長就任後に若手財界人として政府の審議会なんかで活躍して、そのうち会長になったあたりで「民間人識者」として入閣、その後衆院選に打って出る、といった路線を想像したのだがどうだろうか。最後は「首相 島耕作」ということで。

Continue reading "島耕作は政界を目指すだろうか"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

占いの「契約」を考えてみるテスト

○○を××と考えてみたら、というゲームはちょっとした時間つぶしにうってつけの素材の1つだ。類似点、相違点を列挙して、あれがああならこれはこう、と思考実験して。今回も、そうやってひとしきり考えた話。もちろんネタ。

いや別につぶすほどの時間なんてないんだけどさ(その点でいうならむしろ「火の車」だ)。 なんかつい面白くて。

Continue reading "占いの「契約」を考えてみるテスト"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マスコミと格差に関する質問を受けた話

アメリカでジャーナリズムを研究している大学院生の方から、メールでコメントを求められた。なんでも、「日本の格差社会に対するメディアの姿勢を課題にメディア論」の論文を書いているのだそうで、面識はないのだが、私のブログを見て意見を聞きたいとのこと。いわゆるマスメディア論だったら他に適任者がいくらもいるだろうと思うのだが、まあきっと他の人にも聞いてるだろうし、聞かれた以上なんかしら返しときたいし、というわけで、少しだけ考えてみることにした。

メールでまず返すのがスジかとは思うが、せっかくなので、いきなりブログで書いてみる。「ブログで書くことを期待」みたいに書いてあったので、まあいきなりブログでも文句はいわないだろうと思う。このテーマだと、たぶん、ご意見のある方がたくさんいるのではないかと思うので、コメント欄でもトラックバックでも寄せていただきたい。大学院生の方にも参考になるのではないかと思う。

Continue reading "マスコミと格差に関する質問を受けた話"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ネットの匿名性を問題にする人は郵便の匿名性を問題にするんだろうか

ネットの匿名性をめぐる議論って、しかたないっていえばしかたないんだけど、いつまでたっても堂々巡りが続いてるようにみえる。もちろん簡単にどうなるってものでもないことくらいわかってるから、いまさら「絶望した!」とかどなるつもりもないけど。

絶望はしないんだが、なんだかひとりごとを言ってみたくはなる。というわけで以下つらつらと。

Continue reading "ネットの匿名性を問題にする人は郵便の匿名性を問題にするんだろうか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グルメでなくて本当によかった

小ネタ、かつ個人的な話。こんなことはほとんどの方にとってどうでもいいことだろうが、私は食べ物に対するこだわりがあまりない。もちろんおいしいものを食べるのは好きだし、実はけっこう好き嫌いがあったりもするんだが、少なくとも「おいしい」と思う範囲が他人と比べて広いのではないか、とよく思う。

Continue reading "グルメでなくて本当によかった"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

同姓同名についてのちょっとしたこと

以前、自分と同姓同名の人の名前をネットで探してみたことがあった(これ)のだが、もう一度やってみたら、前回見つからなかった別の人が見つかった。

Continue reading "同姓同名についてのちょっとしたこと"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暴論:官僚システムを選べないことが問題なのではないか

日経BPのサイトにある「田原総一朗の政財界「ここだけの話」」に、「争点なき参院選に絶望した財務省若手官僚からの電話」という文章が出ている。

この領域は詳しい方がたくさんいらっしゃるので、あくまで私的な暴論ということでつらつらと。

Continue reading "暴論:官僚システムを選べないことが問題なのではないか"

| | Comments (4) | TrackBack (2)

エラーのコスト

いわゆるタイプ1エラーとタイプ2エラーというのがあるが、どちらが望ましいかはいちがいにはいえない。当然、目的とか満たさなければならない条件とかによって異なるからだ。それにたとえるとさ(どっちがどっちというのは文脈から察してね)、「タイプ2エラー」の可能性が騒がれているからといって、「タイプ1エラー」を度外視していいのかというのは、あんまり言われないようだが、ぜひ言っておきたい気がするな。だってさ、「タイプ1エラー」のコストって、みんなが払うんだよ?「タイプ2」をなくしますってえらそうに胸張って言われると、正直なんだかかちんとくる。手柄じゃないだろう、と言いたくなる。

もちろん「タイプ1」も「タイプ2」もないのがいいわけで、それが「期待値」だったのにね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

袴田事件の元裁判官がブログ開設

いわゆる袴田事件で、死刑判決を書いた裁判官であった熊本典道氏がブログを開設したらしい。最近、実は無罪の心証だったことを告白したことで注目を浴びている人だ。ブログ名は「裁判官の良心」。なんか、すごいベタなんだが、思いが伝わってくるね。

Continue reading "袴田事件の元裁判官がブログ開設"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

暴論:国会議員の任期をもっと短くしたらどうか

選挙が近いせいで、なんだか政治家の皆さんが忙しそうだ。国会では残業もあったようだが、どうせ残業料もないんだし、仕事熱心なんだとしたら、その中身はともかく、それ自体はけっこうなこと。国会議員というのは法律を作るのが主な仕事なんだろう(少なくとも建前上は)が、その点からすると最近はとみに「生産効率」がいいようだ。

法律ってこんなに手早くできるんだぁ、というのが素直な感想。だったらさぁ、とまたしても妄想を走らせてみる。こんなに「効率的」に仕事ができるんなら、あの人たちの任期ってあんなに長くなくていいんじゃないか?

Continue reading "暴論:国会議員の任期をもっと短くしたらどうか"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「アマゾン市川」さんに関するたわごと

以下は、別のところに出すために書いたものに、ちょっとだけ手を加えたもの。ネットをふつうに使ってる方には「なにをいまさら」話なんだが、元の文章の読み手はそうでないと予想されたので、それに合わせた書き方になってるわけだ。

Continue reading "「アマゾン市川」さんに関するたわごと"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

中国の知的財産保護に関していくつか

なんというか、きわめてタイムリーな話題でだらだらといくつか。まずは、ジェトロが来週東京と大阪で開くはずだった「中国知財保護セミナー」を中止するらしい、というあたりから。

Continue reading "中国の知的財産保護に関していくつか"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

家庭教師募集!された話

職業柄いろいろな大学に出入りするが、大学の門の近くを歩いていると、いろいろなものを配っていて、いやおうなく受け取るはめになることが多い。ティッシュやら情報誌やらといったものやノベルティグッズのたぐいなんかもあるが、一番多いのはチラシだ。美容室やらレストランやらならまだわかるが、卒業旅行やらリクルートスーツやらまで渡そうとするから、顔見て渡せよ、といいたくなることがしばしばある。

今回もその例ではあるんだが、妙に考えさせられちゃったりしたもんだから。

Continue reading "家庭教師募集!された話"

| | Comments (2) | TrackBack (2)

「ケータイ・スピリチュアル」ないし「癒しのデバイス」についてつらつらと

我ながら趣味が悪いと思うが、他人同士の話が横から聞こえてくると、つい聞き入ってしまう。先日も電車に乗っていたら、横で若い女性のグループがなにやら盛り上がっていたので、何かなと思ったら、江原啓之の携帯ウェブサイトの話だった。

Continue reading "「ケータイ・スピリチュアル」ないし「癒しのデバイス」についてつらつらと"

| | Comments (2) | TrackBack (2)

「あの事件」をめぐる7つの意見

小ネタ。2007年3月12日付の朝日新聞に「客室乗務員を操縦席に座らせ…日航機長、飛行中に記念撮影」という記事が出ていた。

はっきりいってどうでもいい話ではあるが、ふと頭をよぎったことがある。この件って、人によっていろんな見方がありうるよなぁ、と。

Continue reading "「あの事件」をめぐる7つの意見"

| | Comments (5) | TrackBack (1)

老年よ大志を抱け

小ネタ。数日前に、NHKの「日本のこれから」で団塊世代の話を取り上げていた。一般の人たちの意見がいろいろ聞けて面白い番組だが、まあおおまかは予想通りの展開、といったところか。

Continue reading "老年よ大志を抱け"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

国会での議論がどうにかならんかと思う件

国会のインターネット中継をよく見る件については前にも書いたことがある(これとかこれとかこれとか)。何が面白いのか?と聞かれそうだが、面白くて見ているというわけでは必ずしもない。

むしろ逆だ。

Continue reading "国会での議論がどうにかならんかと思う件"

| | Comments (6) | TrackBack (2)

マスメディア広告がネットの「前座」になっている件

最近のテレビやラジオ、新聞や雑誌といったマスメディアに出る広告って、「詳しくはウェブで」の類が非常に多いように思う。正確な数はわからないが、少なくとも、目立つ。

ということは、それらのマスメディアの広告は、ウェブサイトに誘導するためのもの、つまり対象商品そのものというより「サイトの広告」になっているわけだ。あるいは「ネットの『前座』」、といってもいいかもしれない。

Continue reading "マスメディア広告がネットの「前座」になっている件"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

教育再生会議から学んだこと

東大大学院の本田由紀助教授が、2007年1月29日付朝日新聞の「時流自論」欄で、教育再生会議を批判している。賛否どちらにせよ、この問題に関心はあるが細かいことはよくわからないという方にとっては、いろいろ学ぶことが多いと思う。

私も学んだ。本題とまったく関係ないことなんだが。

Continue reading "教育再生会議から学んだこと"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

古いエレベータ

昨年ウィーンで見かけた古いエレベータの動画。どうも100年くらい前のものらしい。このタイプのものはウィーンでもこことあともう一箇所しか残っていないとか。

ウィーンの古いエレベータの動画を見る(12MBぐらいある)

Continue reading "古いエレベータ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)