「THE SECOCND TIMES Business Edition」創刊

メタバース専門ポータル「THE SECOCND TIMES」が、ビジネス向けの「THE SECOCND TIMES Business Edition」なるものを創刊したらしい。私も短い文章を書いているので勝手に告知。

Continue reading "「THE SECOCND TIMES Business Edition」創刊"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

GLOCOM IECP研究会「AR時代の技術」(シリーズ「オーグメンテッド・リアリティ(AR)時代の世界」第2回)を5月20日に開催

GLOCOMが主催するIECP研究会で、「オーグメンテッド・リアリティ(AR)時代の世界」と題したセミナーシリーズの第2回「AR時代の技術」が5月20日に開催されるので勝手に告知。今回はテクノロジーの話。講演者は慶應に移られたばかりの稲見先生と電通大の長谷川先生。プロフィールを見ているだけでワクワク。これは行かねば、だな。

Continue reading "GLOCOM IECP研究会「AR時代の技術」(シリーズ「オーグメンテッド・リアリティ(AR)時代の世界」第2回)を5月20日に開催"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

いったい誰がそんなことを言ったのだ

手短に。japan.internet.comに、こんな記事が出てて。

【今週の Web ミミズク】約4か月間に200万人増加、は満足できる数字かどうか

いやびっくりした。

Continue reading "いったい誰がそんなことを言ったのだ"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

講演「ここにある仮想世界~『スノウ・クラッシュ』から『電脳コイル』へ」

2008年3月14日(金)、東京・神田のベルサール神田で、「Online Game & Community Service Conference 2008」(OGC2008)が開催される。そこでひとつ枠をもらって、GLOCOMの鈴木健さんと「今そこにある仮想世界~『スノウ・クラッシュ』から『電脳コイル』へ 」というお題で話をすることになったので告知。

Continue reading "講演「ここにある仮想世界~『スノウ・クラッシュ』から『電脳コイル』へ」 "

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ブログにSplumeの仮想空間を貼り付けてみる

先日、AMNの「『仮想空間とブログ』ブロガーミーティング」なるイベントに出てみた(レポートはこちら)。Splumeの本社でやったのだが、これがなかなか面白かった。

Continue reading "ブログにSplumeの仮想空間を貼り付けてみる"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「Virtual World of the Year 2007」というのがあるらしい

メタバース専門ポータルサイト「THE SECOND TIMES」が、「Virtual World of the Year 2007」なるイベントをやるらしい。「国内バーチャルワールド業界の発展に寄与することを目的とし、バーチャルワールド関連における各社・団体・個人の優れた試みを表彰するもの」だそうで、その審査員をやることになったので勝手に告知。

Continue reading "「Virtual World of the Year 2007」というのがあるらしい"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メモ:仮想世界の課税

自分向けメモ。「isologue」に、「仮想現実の世界と課税」という記事が出ている。

Continue reading "メモ:仮想世界の課税"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

CALL FOR PAPERS: 27th Annual Advertising and Consumer Psychology Conference

メモ。2008年5月1~2日に米フィラデルフィアで開催される「The 27th Annual Advertising and Consumer Psychology Conference」のテーマは「Virtual Social Identity and Consumer Behavior」。ただいま論文募集中。締め切りは2007年12月15日。

いよいよ心理学の人たちが本格的に。

Continue reading "CALL FOR PAPERS: 27th Annual Advertising and Consumer Psychology Conference"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アバターを何に使うか

アバターって何の役に立つのさ、という話がよくある。正直、自分でもよくわかってないところもある。でも、いろいろなところでいろいろな人の話を聞いたり話をしたりしてきた中で、こういうあたりかなと思うものがいくつかある。現時点の使われ方だけじゃなくて、今後の可能性なんかも含めて考えてみた。まだ途中だけどこの時点で一応メモしておく。いろいろお考えのある方はぜひコメントなど。

Continue reading "アバターを何に使うか"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

中国版セカンドライフ「HiPiHi」はmixiと連携するかもしれない

State of Play V」の場で開かれたプレス発表で出た話。「中国版セカンドライフ」として一部で話題(参考)になっている「HiPiHi」について、ngi groupが出資して、日本での事業展開の権利を獲得したという話なんだが。

Continue reading "中国版セカンドライフ「HiPiHi」はmixiと連携するかもしれない"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

仮想世界の「チープ革命」っていうか何というか

セカンドライフがメディアにいろいろ取り上げられていてブームっぽくなっているが、それはそれとして、メディアとしてのオンライン仮想世界、社会活動の場としての仮想世界といったもののがかつて想像できなかったほどの広がりやら可能性やらを見せつつある、ぐらいにはいえると思う。仮想世界もネットサービスの一種としてみれば、ネット全体の発達と似た経過をたどりそうなあたりは想像に難くないわけだが、実際そうなってきているように思われる。ネットサービスはよく、有料サービスのコンテンツとして登場した後、無料で利用できるようにして利用者を拡大し、メディア化する方向へ進むわけだが、その後は無料で「作れる」ような方向へ行くことがけっこうある。

さて仮想世界の場合は、というわけだが、進展は予想以上に早い感じ。もうCNETに出ているから、関心のある人はもう知っているだろうけど。

Continue reading "仮想世界の「チープ革命」っていうか何というか"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

BBAシンポジウム「仮想世界の法と経済」

告知。7月21日(土)、BBAシンポジウム「仮想世界の法と経済~仮想空間で生じる、現実的課題の解消に向けて~」なるイベントが開かれる。

Continue reading "BBAシンポジウム「仮想世界の法と経済」"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

3rd International Second Life Community Convention

これまたご存知の方は先刻ご存知なにをいまさら的、知らない方は何それそんなのどうでもいいじゃん的な話。8月24-26日の間、シカゴで「3rd International Second Life Community Convention」が開かれる。場所はシカゴヒルトン。

Continue reading "3rd International Second Life Community Convention"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

VW2007Fall

3月にニューヨークで開かれたVirtual Worlds Conferenceだが、この秋はサンノゼ。ご興味の方はもう知ってる話だろうが、メモとして書いておく。

Continue reading "VW2007Fall"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

State of Play AcademyがThere内で開かれている

Terra Novaウォッチャーの方には先刻ご承知の情報。そうでない方でご興味のある向きに。「State of Play Academy」がThere内で開かれている。

これらのキーワードでピンとこない方にはあまり面白くないと思うのであらかじめ念のため。

Continue reading "State of Play AcademyがThere内で開かれている"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ゲーム内経済と法に関する「ちょっとした」情報

時間がないので人のネタで。Greg Lastowkaが4月12日のTerra Novaに書いていた「Law & VWs Update」、その方面にご関心の方は必読。

Continue reading "ゲーム内経済と法に関する「ちょっとした」情報"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「Virtual Worlds 2007」に出てみた

Virtual Worlds 2007」なるカンファレンスが開かれるという話については以前に書いたとおりだが、出席してみた。

時間がないのでメモ程度だが、書いておく。

Continue reading "「Virtual Worlds 2007」に出てみた"

| | Comments (0) | TrackBack (3)

「情報社会論―超効率主義社会の構図」

加納 寛子編著「情報社会論―超効率主義社会の構図」、北大路書房、2007年。

これだけ見るとわからないだろうが、私も一応共著者になっている。


Continue reading "「情報社会論―超効率主義社会の構図」"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

AOGC2007講演「仮想世界の政策論」資料

AOGC2007でやった講演「仮想世界の政策論」の資料。当日配布できなかったので、取り急ぎここで公開。
AOGC07講演資料をダウンロード

Continue reading "AOGC2007講演「仮想世界の政策論」資料"

| | Comments (4) | TrackBack (2)

仮想世界の「貿易統計」、SOEから

しばらく前のことなのでどこかで誰かが書いているのではないかと思うのだが、日本語ではまだ見かけないような気がする(CNETの英語ニュースには出てたんだけど日本語訳は出てるんだろうか)ので、自分用のメモも兼ねて書いておく。あまり時間がないので手短に。

Continue reading "仮想世界の「貿易統計」、SOEから"

| | Comments (0) | TrackBack (3)

AOGCプレイベント「『仮想世界』としてのオンラインゲーム」

2月2日に書いた「セカンドライフ内での講演」の件の続報。2月22~23日に開催されるAsia Online Game Conference(AOGC2007)のプレイベントだった。AOGC2007のウェブサイトに概要が出ている。

Continue reading "AOGCプレイベント「『仮想世界』としてのオンラインゲーム」"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「インターネットと仮想通貨」講演資料

下のリンク先は、先日某所で行った講演の配布資料に一部手を入れたもの。聴衆は金融広報アドバイザーの方々。「金融広報中央委員会からの委嘱を受けて、地域において暮らしに身近な金融経済等に関する勉強会の講師をつとめたり、生活設計や金銭教育等の指導を行うなど、金融広報活動の第一線に立って活動している方々」だそうだ。学校とかで講演したりするらしい。最近話題になっているオンラインゲームに関連していろいろいわれているので、という趣旨。まあ要するに関心事はアレだ。

講演資料(PDFファイル。約1MB)をダウンロード

Continue reading "「インターネットと仮想通貨」講演資料"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Virtual World Conference in Real World

Austin Game Conferenceを主催するGame InitiativeがGDCの主催者であるCMP Technologyに買収された後いつの間にかShow Initiativeと名称変更していたらしいので驚いたのだが、それはおいといて、そのShow InitiativeがVirtual Worlds Management divisionなるものを立ち上げたらしい。

で、その最初のイベントとして、3月28~29日、ニューヨークで「Virtual Worlds 2007」なるものを開くらしい。

Continue reading "Virtual World Conference in Real World"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

智場108号「特集ゲーム・デヴォリューション」webサイト開設

やや宣伝ぽく。国際大学GLOCOMのサイトにある、智場webサイトの108号で、「ゲーム・デヴォリューション」なる特集が組まれている。

Continue reading "智場108号「特集ゲーム・デヴォリューション」webサイト開設"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

GLOCOM IECPセミナー:「『仮想経済』の世界:仮想と現実の出会い」

勝手に広告。2006年11月16日の国際大学GLOCOM IECPセミナーのテーマは「『仮想経済』の世界:仮想と現実の出会い」。「コンテンツ発ソーシャルウェアへ」というシリーズの一環らしい。

Continue reading "GLOCOM IECPセミナー:「『仮想経済』の世界:仮想と現実の出会い」"

| | Comments (2) | TrackBack (2)

マルウェアをなくすにはお金をなくしてしまえばいい、という話

McAfee Averrt Labs Blogに出ていた「MMORPG-Gold-Farming and Password-Stealers」という記事なんだが。

Continue reading "マルウェアをなくすにはお金をなくしてしまえばいい、という話"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

「Second Life」のパネルディスカッション

先日行われた「The New Context Conference2006」で、「Second Life」を運営するLinden LabのCTOであるCory Ondrejkaさんのパネルディスカッション「3Dとネットワークゲームの未来」というのがあった。このカンファレンス、2日めは録音、撮影OKとなったのだが、テクノラティの山崎さんにご了解をいただいたので、音声ファイルと写真を公開する。

Continue reading "「Second Life」のパネルディスカッション "

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Trion World Networkは何をしようとしているのだろう

ちょっと前のMIT Technology Reviewに出ていた「Startup to develop new forms of online video games」という記事なんだが、わかったようなわからないような。

Continue reading "Trion World Networkは何をしようとしているのだろう"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「実名」の時代

ここ数日、オーマイニュース関連でいろいろあれこれ書いてるので、「実名」とか書くと、「!」という人がたくさんいそうだが、ぜんぜん関係ない、オンラインゲームの話。

しかも古い。

Continue reading "「実名」の時代"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

State of Play IV: 今年はNYとシンガポールで

ネット上の仮想空間における法とか規制とか、そういったあたりを議論する「State of Play Conference」。今年はニューヨークとシンガポールの2箇所でやるらしい。

Continue reading "State of Play IV: 今年はNYとシンガポールで"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

「Second Life」が起業ワークショップを開く

8月18日だから明日、なのだがPSTだからまだ明後日。どちらにせよ今からでは間に合いそうもないサンフランシスコでのイベント。面白そうなのに。

Continue reading "「Second Life」が起業ワークショップを開く"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

「Second Life」内でプロミュージシャンのライブが行われている

8月15日付のWired News「Second Life Rocks (Literally)」に注目。いずれと予想はしていたけど。

Continue reading "「Second Life」内でプロミュージシャンのライブが行われている"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「Massively Parallel Human Computing」あるいは「Artificial Artificial Intelligence」が「マイクロ・ワーク」を生む、という話

先週BBAの講演で「ゲーム内労働」みたいな考え方があるのではないか、といった話をしたのだが、これとウェブサービスにおける「マイクロ・ワーク」との類似性について、ちょっと補足ぎみに追加してみる。

Continue reading "「Massively Parallel Human Computing」あるいは「Artificial Artificial Intelligence」が「マイクロ・ワーク」を生む、という話"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

「『ウェブサービス』としてのオンラインゲーム」資料一部改訂

7月21日に行われたBBAオンラインゲーム専門部会で話をする機会があった。悪天候の中ご来場いただいた皆様には感謝申し上げたい。その中で使った資料について「ちがっているのではないか」との指摘があって、見直した結果、一部改訂してみたのでここにアップしておく。

Continue reading "「『ウェブサービス』としてのオンラインゲーム」資料一部改訂 "

| | Comments (2) | TrackBack (0)

BBAオンラインゲーム専門部会第9回研究会「次世代Webとオンラインゲーム」

一般の人も参加可能のようなので告知。7月21日にBBAオンラインゲーム専門部会第9回研究会というのが開催される。「みえてきたオンラインゲームの未来像」というタイトル。大きく出たな。ちなみにBBAは有限責任中間法人ブロードバンド推進協議会の略称。念のため。

開催概要と参加申し込みはBBAサイトから。

Continue reading "BBAオンラインゲーム専門部会第9回研究会「次世代Webとオンラインゲーム」"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

祝 日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)設立

日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)という学会が設立される。もうIGDAサイトはじめ各所に出ている話だが、自分用のメモとしてここにも書いておく。

Continue reading "祝 日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)設立"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Microsoftがゲーム内広告配信企業を買収

以前とりあげたこともある(これとかこれとかこれとか)、ゲーム内広告配信のMassive Incorporatedが、マイクロソフトに買収された(ニュースプレスリリース)。

Continue reading "Microsoftがゲーム内広告配信企業を買収"

| | Comments (7) | TrackBack (2)

「Project Entropia」の運営会社がキャッシュカードを作ったらしい

MMORPG「Project Entropia」の開発会社であるMindarkがゲーム内通貨を現実通貨として引き出せるキャッシュカードを作った、という話が「Terra Nova」界隈で物議を醸している

Continue reading "「Project Entropia」の運営会社がキャッシュカードを作ったらしい"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「Second Life」が日本語化されるらしい

「Serious Game Japan」の情報なのでウォッチャーの方はもう知ってるだろうが、自分用のメモとして。「Second Life」の日本語版が出るらしい。

Continue reading "「Second Life」が日本語化されるらしい"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

GDC2日め

GDC2006の2日め終了。引き続き「ブログ」ふうにメモ。今日はいろいろ収穫も。

Continue reading "GDC2日め"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

GDC1日目終了

GDC2006に来ている。1日目が終了。忘れないうちに取り急ぎメモしておきたいので、いわゆる「ブログ」っぽく。

Continue reading "GDC1日目終了"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「政策評価ミクロモデル」

金本良嗣・蓮池勝人・藤原徹著「政策評価ミクロモデル」、東洋経済新報社、2006年。

Continue reading "「政策評価ミクロモデル」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「年功序列型ドラゴンボール経済」について

AOGC2006で話をする機会があったのだが、その中で使った「年功序列型ドラゴンボール経済」ということばが一部で受けているらしいと聞いたので、多少補足しつつ、ここでもちょっと書いてみる。

Continue reading "「年功序列型ドラゴンボール経済」について"

| | Comments (28) | TrackBack (4)

「Second Life」がフェローを募集している

Terra Novaに、「Second Life」のLinden Labがフェローを募集しているとの告知が出ている。以前から、このプラットフォームを教育の場として使おうという動きがあったが、その一環らしい。いろいろな意味で注目。

Continue reading "「Second Life」がフェローを募集している"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ゲーム内資産への課税の是非について

ちょっと前、CNet Japanに「オンラインゲーム内の仮想財産は課税対象か--あるゲームマニアの挑戦」という翻訳記事が出ていた。元記事はこれ

日本語の記事は何で尻切れトンボになってるのだろうか。

Continue reading "ゲーム内資産への課税の是非について"

| | Comments (13) | TrackBack (4)

Slash Gamesインタビュー「オンラインゲーム運営と『ゲーム内経済学』の視点」

宣伝モード。Slash Gamesにインタビュー記事が掲載されたので、よろしく。

2月に開かれるオンラインゲームに関する国際カンファレンス「AOGC2006」。そのセッション「『ゲーム内経済学』とその意義」の講師、財団法人 国際金融情報センター山口浩氏にお話を聞いた。山口氏によれば、経済学をツールとして利用することで、オンラインゲームの内外に発生する様々な問題をよりスムーズに扱えるようになるという。

へえそうなのか、と他人事のように言ってみたりする。以下は記事をご参照。
前編
後編

Continue reading "Slash Gamesインタビュー「オンラインゲーム運営と『ゲーム内経済学』の視点」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

GDCに行きたしと思へども

GDC2006が3月20日から始まる。スケジュールが発表されていて、そそるものがけっこうあるのだが、先立つものが。

…サンノゼはあまりに遠し
せめては関心のあるセッションを書き出して
行った気になってみん…

というか、まあとりあえずこれに関心があるという主に自分向けのメモ。

Continue reading "GDCに行きたしと思へども"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

仮想世界における「政府」であるということ

先日Linden Labの人から聞いていた「Second Life」の話があったのだが、書くタイミングを待っているうちに、なんだか妙な具合になってきたという話がTerra Novaにアップされていた

といってもこれだけでは私以外には何のことだかわからないだろうが。

Continue reading "仮想世界における「政府」であるということ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「Second Life」は「Game2.0」と呼んでもいいかもしれない

またぞろ「Second Life」の話。先日、CNET JapanにTim Oreilleyの「What is Web 2.0?」の訳が出ていた(前編後編はこちら)。

それを読みながら思ったのだが、ひょっとすると「Second Life」は、「Game2.0」と呼んでもいい存在なのかもしれない。

Continue reading "「Second Life」は「Game2.0」と呼んでもいいかもしれない"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「Second Life」の会員数が急増しているらしい

先日サンフランシスコに行った際、Linden Labを訪問する機会があった。「Second Life」の開発・運営をやっている会社だ。ベイエリアの、フィッシャーマンズワーフにも歩いていけるあたりにあるのだが、こういうところだとつい遊んじゃって仕事にならんだろうなぁ、などというのは本題とはまったく関係ない話。

で、本題はというと、「Second Life」が課金方式の変更以降会員が急増している、という話だ。

Continue reading "「Second Life」の会員数が急増しているらしい"

| | Comments (0) | TrackBack (3)

要するに何が問題かわかってないってことだな

2005年11月13日付のFinancial Timesに、MMORPGのRMTに関する記事が出ていた。「ARTS」のコーナーの「When worlds collide」(有料)というタイトルの記事だ。

要するに、この記事を書いた人は、何が問題かわかってないってことだな。

Continue reading "要するに何が問題かわかってないってことだな"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「ゲーム内経済学という考え方」配布資料

先日このサイトでも告知したのだが、東大ゲーム研究プロジェクトの研究会で話をする機会があった。その際、行きたいのだが行けないという方がいらっしゃると聞いたので、とりあえず配布資料をアップしておく。

Continue reading "「ゲーム内経済学という考え方」配布資料"

| | Comments (6) | TrackBack (1)

ゲーム内経済学:課金システムと「消費の楽しみ」

数日前に見かけた記事「『網絡同居』 - 中国のホワイトカラーがハマる擬似同棲」が興味深い。

Continue reading "ゲーム内経済学:課金システムと「消費の楽しみ」"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

東京大学ゲーム研究プロジェクト 11月定例研究会「『ゲーム内経済学』という考え方」

たまには宣伝。誰も来ないと恥ずかしいので。

東京大学ゲーム研究プロジェクト 11月定例研究会
発表者: 山口 浩(財団法人国際金融情報センター)
発表題目: 「ゲーム内経済学」という考え方
日時:11月18日(金曜日)18:00-20:00
会場:東京大学大学院情報学環本館2階講義室

Continue reading "東京大学ゲーム研究プロジェクト 11月定例研究会「『ゲーム内経済学』という考え方」"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「市場」というゲーム

予測市場に関心をお持ちの方の中には、このサイトをよく訪れていただいている方がけっこういる。「読んでるぞ」といったお声がけをいただくことがあってわかるのだが、さまざまな分野の方がいる。ところが、不思議なことに(実に不思議なことだと思うのだ)、ゲーム業界の方からは、(ほんのわずか例外はあるが、だいたいにおいて)ほとんど反応がない。もちろん、お気づきの方もたくさんいらっしゃるとは思うのだが。

というわけで、少々「挑発」してみようと思う。わざとらしく、高飛車に。

なぜ気づかないのか。予測市場はMMOGだということに。

Continue reading "「市場」というゲーム"

| | Comments (5) | TrackBack (1)

ゲーム内経済学を扱う学会いろいろ

10月6-8日の「State of Play III」に行きたかったが果たせなかった。New York Law Schoolなどが主催するカンファレンスで、MMORPGなどのゲーム内コミュニティでの法律問題をテーマとしている。今年で3回目。当然ながらゲーム内世界における経済活動にからんだセッションもある。せっかく仮想市場のワークショップへの参加を誘われたのに。

諸般の事情により、などとかっこつけてもしかたがない。資金繰りがつかないというなんとも単純かつ情けない理由だ。ちくしょー、と思うのだが、まだ望みを捨ててはいけない。「Austin Game Conference」がある。

Continue reading "ゲーム内経済学を扱う学会いろいろ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゲーム内経済学(特別編):「Virtual Property」

Fairfield, Joshua A.T. (2005). "Virtual Property." working paper, Indiana University of Law, Bloomington.

「ゲーム内経済学」シリーズの特別編。最近「Terra Nova」でも話題になったFairfieldの仮想資産の法学的分析に関する最新論文を斜め読み。

Continue reading "ゲーム内経済学(特別編):「Virtual Property」"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ゲーム内経済学:(1)経済の要素

ゲーム内経済学、というのを考えてみようと思う。ゲームデザインの中で「経済」というものをどう設計するかは重要なテーマではないかという問題意識と、ゲームの中の経済を考えることが、現実の経済を考えるうえでも有用ではないかという直感に基づいて。

そのための下準備として、思いつきを書いてみる。できればシリーズ化したいが、まずは始めてみないと。固まった文章ではないのであらかじめ念のため。

Continue reading "ゲーム内経済学:(1)経済の要素"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

MMORPGは計画経済へ進むのか?

MMORPGの課金モデルといえば、少し前までは月額制が当たり前だった。しかし最近、アイテム課金を導入するゲームがふえてきている。いくつか拾っただけでも「フリフオンライン」「トリックスター」「アルテイル」「巨商伝」「スカッとゴルフ パンヤ」といろいろ。ポータルサイトからダウンロードできる類のものだと、むしろアイテム課金のほうが主流になりつつあるのかもしれない。

Continue reading "MMORPGは計画経済へ進むのか?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Virtual World GDP: revisited

There emerged another discussion on the size of the virtual economy of MMORPGs in Terra Nova. Julian Dibbell estimated the worldwide MMO GDP at $7.29 billion, by using a ratio of RMT (real money trades) to the real-world GDP (not real GDP). The figure fell between GDPs of Benin ($7.49 billion) and Malta ($7.04 billion).


Continue reading "Virtual World GDP: revisited (move to Vitual World Update Japan)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オンラインコミュニティ内の少額決済システムとしての「仮想通貨」

「ASCII」の2005年3月号に韓国の「サイワールド」の話が出ていたので、記憶のためにメモしておく。ついでにかねてからつらつら考えていたことなども。

以下はあまりユーザーフレンドリーな文章ではない。わかりにくいと思う人がいるかもしれないが、それはやや意図してやっている部分があるのでご容赦されたい。

Continue reading "オンラインコミュニティ内の少額決済システムとしての「仮想通貨」"

| | Comments (4) | TrackBack (1)