宮竹貴久「恋するオスが進化する」

宮竹貴久著『恋するオスが進化する』(メディアファクトリー新書、2011年)

いただきもの。多謝。個人的にどうも進化生物学系の本は好きなようで、ちょっと前にも「人間の性はなぜ奇妙に進化したのか」を読んでひざをはたはたと打ったりしていたのだが、本書もなかなか面白かった。なんというかこの分野、enlighteningなのだな。

Continue reading "宮竹貴久「恋するオスが進化する」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

『日本人はなぜ謝りつづけるのか』

中尾知代著『日本人はなぜ謝りつづけるのか―日英〈戦後和解〉の失敗に学ぶ』(NHK出版、2008年)

ひとことでいうと、かなり読みにくい本だ。文章が、ではなく、内容が。難しいことが書いてあるからではなく、なかなか受け入れにくい内容だから。ある意味、非常に感情を逆撫でされる本だといえる。つい感情的に反発したくなる。たぶん、同様に感じる人は多いだろう。だが、というか、だからこそ、この本は読まれるべきだ。そうだそうだと膝を打つ人だけではなく、なんだこれはと腹を立てる人にも。

実際、私もうんうん苦しみながら読んだ。内容てんこ盛りで消化しにくいのもさることながら、納得のいかない部分が多々あってつっこみを入れたくなる。読み終わって「あーすっきり」という本ではない。でも読み終わってつらつら考えているうちに「ああそういうことか」という感じになってくる。そういう本だ。以下、感想文。

Continue reading "『日本人はなぜ謝りつづけるのか』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

私たちの社会はもう少しめんどくさくてもいいのかもしれない

森達也著「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい 正義という共同幻想がもたらす本当の危機」(ダイヤモンド社、2013年)

いただきもの。多謝。長いタイトルの本っていっときちょっとはやったような記憶があるが、これも長い。昔の土曜の2時間ドラマ並だ。さらに帯には、「当事者でもないのに、なぜこれほど居丈高になれるのか? 不安や恐怖、憎悪だけを共有しながら、この国は集団化を加速させていく――。取り返しのつかない事態を避けるため、今何ができるのか」とたたみかけるような文章が。もうこれだけで読んじゃったような気になるほどだが、中身も380ページほどあるので、もちろんこれだけの話ではない。

Continue reading "私たちの社会はもう少しめんどくさくてもいいのかもしれない"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

齋藤孝「10分あれば書店に行きなさい」

齋藤孝「10分あれば書店に行きなさい」(メディアファクトリー新書2012年)

メディアファクトリーからのいただきもの。多謝。著者は、『声に出して読みたい日本語』など数々のベストセラーで知られるあの齋藤孝さんだ。最近の本はタイトルがとてもわかりやすくて、タイトルを見ただけで半分ぐらいは読んだ気になれたりするものだが、この本もまさにそういう感じ。もちろん本文も読みやすくてすらすら読める。


Continue reading "齋藤孝「10分あれば書店に行きなさい」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

岩下哲典著「江戸将軍が見た地球」

岩下哲典著「江戸将軍が見た地球」(メディアファクトリー新書、2011年)

いただきもの。多謝。こういう切り口の本は好み。

Continue reading "岩下哲典著「江戸将軍が見た地球」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

佐々木俊尚著「当事者の時代」

佐々木俊尚著「当事者の時代」(光文社文庫、2012年)。

佐々木さんの新著。いただきもの。多謝。472ページとかなりのボリュームだが面白い。

Continue reading "佐々木俊尚著「当事者の時代」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

速水健朗著「ラーメンと愛国」

速水健朗著「ラーメンと愛国」(講談社現代新書、2011年)

個人的に、ラーメンは嫌いではないが、ものすごく好きか、といわれるとそこまででもない。少なくとも、やたらに行列させたり、客に指図したりするラーメン屋とかは頼まれても行きたくない。なのだが、最近各所で話題になっていて、なんだか面白そうじゃん、ということで読んでみたら、やっぱり面白かったので。

Continue reading "速水健朗著「ラーメンと愛国」"

| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

野村理朗著「なぜアヒル口に惹かれるのか」

野村理朗著「なぜアヒル口に惹かれるのか」(メディアファクトリー新書、2010年)

タイトルは今となってはけっこうアレなんだが、内容はけっこう面白い。あと最初にことわっておくが、私は特段アヒル口属性ではない。

Continue reading "野村理朗著「なぜアヒル口に惹かれるのか」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

「英語は女を救うのか」

北村文著「英語は女を救うのか」(筑摩書房、2011年)

タイトルでざわっとした人、けっこういるにちがいない。うまいタイトル。

Continue reading "「英語は女を救うのか」"

| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

地震で「働かないアリ」を思い出したので

長谷川英祐著「働かないアリに意義がある」メディアファクトリー新書、2010年。

売れてるそうなので読んだ方も多いと思うが、社会性昆虫の研究者による一般向けの本。しばらく前に読んだのだが、地震の後ちょっと思い出すことがあったので。

Continue reading "地震で「働かないアリ」を思い出したので"

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

より以前の記事一覧